港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(港区)―

喜多見 賢二 院長/プラチナ通りペットクリニック(白金台駅・犬)の院長紹介ページ

喜多見 賢二 院長

KENJI KITAMI

地域に根差したホームドクターとして
ペットと飼い主さんの幸せな生活をサポート

日本獣医畜産大学獣医学科を卒業後、都内の動物病院で幅広い症例を担当し、スキルを磨く。合計3つの動物病院を経て、2003年「白金台駅」そばに開業。

喜多見 賢二 院長

喜多見 賢二 院長

プラチナ通りペットクリニック

港区/白金台/白金台駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●フェレット
  • ●ウサギ
  • ●その他

地域のホームドクターをめざして、港区白金台に開業

喜多見 賢二 院長

父親が動物病院を営んでいたことで、小さなころから獣医療は身近なものでした。アルバイト感覚で病院を手伝うこともあったのですが、当時は本当に大変な部分を理解することもなく、「何だか面白そう」と思っていましたね(笑)。そして、理系の高校で学ぶ中で「将来どうするか?」と考えたとき、潜在意識に刷り込まれていた「獣医師」をめざそうと思ったんです。
大学卒業後は都内の動物病院で診療をはじめ、幅広い症例を経験してきました。夜間救急にも対応する動物病院や、下町エリアの人情味あふれる動物病院、複数の専門医が在籍する規模の大きな動物病院など、さまざまな環境で診療するなかで、知識と技術を高めていきました。そして2003年、家族が1人増えたタイミングもあり(笑)、『プラチナ通りペットクリニック』を開設しました。

予防中心の医療で、ペットと飼い主さんの生活をサポートする

喜多見 賢二 院長

『プラチナ通りペットクリニック』では、犬、猫を中心にうさぎやフェレットなどの小動物を診療しています。地域のみなさまのホームドクターとして、病気や事故を予防するためのアドバイスをさし上げながら、ペットたちと飼い主さんの幸せな毎日を見守っていきたいと思います。
大切な家族の一員が「元気で長生きできるように」というのは、きっとすべての飼い主さんの願いのはず。みなさんインターネットでペットの健康について調べたり、積極的に情報を得ていらっしゃることでしょう。でも、世の中にあふれる情報の中には、根拠が明らかでないものや、すべてのペットにあてはまらない健康法などがあるものです。それならば、信頼できる「かかりつけ医」を見つけて、しつけや栄養面のことを相談するなどして、飼育にまつわる疑問や不安を解決していただきたいと思います。

動物たちの気持ちになって、無理のない診療を心がける

喜多見 賢二 院長

私が獣医師になってからこれまで、さまざまな環境で診療を続け、たくさんのペットたちの治療にあたってきました。ある分野に特化したスペシャリストというよりも、幅広い症状に対応するオールラウンドプレイヤーという感じでしょうか。ペットたちの症状を正しく見極めて、必要があれば高度な医療をおこなう2次診療病院へご紹介するというのも、ホームドクターとして大切な役割だと考えています。
症状を正しく診断するためには、見落としのない診察や検査が大事になるわけですが、ペットたちが診察に協力的かと言うと、必ずしもそうではありません(笑)。クリニックにやって来るペットたちは、連れて来られた理由もわからないまま、いきなり診察台に乗せられてしまうわけです。きっと、ペットたちは「嫌だ!」と思っているはずですから、その思いをくみ取るようにして、やさしく声をかけたり、名前を呼んだり、たとえ時間がかかっても彼らの負担の少ない診療を心がけたいと思います。ペットたちからすれば、「来るたびに嫌なことをされる」と思われているかもしれませんけれど(笑)、ワクチン接種などで定期的に顔を見せてもらいながら、健康管理のお手伝いができればと思います。

生活面・食事面のアドバイスを通して、大切なペットの健康を見守る

飼い主さんはみなさん、ペットたちに愛情をもって接していらっしゃると思いますけれど、時にその愛情が偏ってしまうケースがあることも確かです。大好きなペットのため、良かれと思ってしていたことが、彼らの健康に悪影響を及ぼす場合もあるんですね。最近では結石やアレルギーなど、栄養バランスの乱れに起因する症状も多くなっていますから、食事面についても十分な注意が必要です。とは言え、動物たちは私の話を理解することはできませんから動物たちの栄養についてご理解いただけるように、飼い主さんに向けて丁寧に言葉を尽くしたいと思います。
ペットたちは、飼い主さんから与えられた環境の中で、与えられた食事を食べながら生活するほかありません。彼らの健康を守るためにも、できれば季節ごとに足を運んでいただき、その時々の体調を把握しておくことが理想ですね。トリミングをご利用いただいたり、お散歩の途中にお立ち寄りいただいて体重を計ることだけでも健康管理に役立ちます。デリケートな猫の飼い主さんは、「なるべく受診したくない」とお考えかもしれませんけれど、何か気になる症状がみられる時には、お早めにご相談いただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『プラチナ通りペットクリニック』は、「白金台駅」1番出口から徒歩2分の場所にあります。土地柄飼い主さんの中には海外赴任をなさる方も多くいらして、海外でかかりつけの病院が見つかるまでの間、国際電話でペットたちの健康相談を受けることもあります。検疫の書類をひと通り揃えて見送ったペットが数年後に帰国して、「元気にしています」と、飼い主さんと一緒に顔を見せてくれることもありますね(笑)。そんなときは、獣医師としての喜びややりがいを感じますし、これからもペットと飼い主さんに寄り添いながら診療を続けていきたいと思います。

※上記記事は2018年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

喜多見 賢二 院長 MEMO

  • 出身地:兵庫県
  • 趣味:スキー、読書、ジョギング
  • 好きな本・作家:推理小説、東野圭吾、宮本輝、浅田次郎
  • 好きな映画:ディズニー映画
  • 好きな言葉:「人は強くなくては生きていけない、優しくなれななければ生きている資格がない」フィリップ・マーロウ
  • 好きな音楽:洋楽
  • 好きな場所:スキーのできる雪山、海のある場所(葉山など)

グラフで見る『喜多見 賢二 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート