港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(港区)―

荒井 祐一郎 院長/麻布十番ハート動物病院(麻布十番駅・犬)の院長紹介ページ

荒井 祐一郎 院長

YUICHIRO ARAI

トリミングやペットホテルも完備。動物たちの健康と美容を充実サポート。

大学卒業後、勤務医として経験を積む。その後、麻布十番駅そばに開業。

荒井 祐一郎 院長

荒井 祐一郎 院長

麻布十番ハート動物病院

港区/麻布十番/麻布十番駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●その他

獣医だった祖父の姿が、獣医を身近なものに。

荒井 祐一郎 院長

子供のころ、いろいろな動物を飼っていたんです。犬、猫、それから亀ですね。その影響もあって、動物に関心を持っていました。亀は自分で育てていましたが、かなり大きくなったんですよ。亀を飼ったときもそうですが、興味があったら自分で育て方などを調べて、やってみるというような子供でした。また、祖父が福井県で馬の獣医をしていましてね、馬の診療所を開業していたんです。夏休みなどに福井県に遊びに行ったときなどに、獣医として働く祖父の姿を見ていたので、獣医という仕事を、わりと身近に感じられたかも知れません。祖父は、私が獣医になったのを知らないまま他界してしまいましたが、喜んでくれているのではないかなと思います。

大学を出た後は、勤務医として働いていました。結構忙しかったのですが、周りの先生に助けられながら、獣医として必要なことを学ぶことができました。一人ではとてもとても……(笑)。必要なスキルをひととおり身につけることができたかな、と思った時期が来たので、地元に近い麻布十番で開院したんです。

獣医が見守るトリミングなら、高齢犬も安心。

荒井 祐一郎 院長

診察が終わって、そのままトリミングも同じ所でできたらいいなと思ったんです。トリミングをしている時に調子が悪くなってしまっても、病院の中だったらすぐに対応できますよね。時々あるんですよ。トリミングの途中に〝てんかん”を起こしてしまうことが。その場合でも私を呼んでもらえればいいので、飼い主さんにも安心してもらえるようです。獣医が側にいるということから、足腰が立たないような、高齢のわんちゃんでもトリミングを受けることができます。人間でいう〝おじいちゃん”の年齢になっている子たちだと、トリミングを断られてしまうことがあるんですが、当院では安心してトリミングを受けていただくことができますよ。また、診察で、皮膚が弱いなと判断した場合は、そういった体質に合わせたシャンプーやリンスを使うことができるので、皮膚に関するトラブルが起こることもありません。もちろん、トリミングについては、信頼できるトリマーが担当しています。

病気の早期発見に有効なペットドックを推奨。

荒井 祐一郎 院長

「ペットドック」は、「人間ドック」のようなものをイメージしていただけると、分かりやすいと思います。わんちゃんの場合、7~8歳になれば「高齢」となりますので、特におすすめしています。肝臓などは症状がなかなか表にでないこともあり、異常を早期発見するためにも、受診をしていただいたほうがいいと思います。「ペットドック」をして心臓の異常が分かったとか、内部におかしいなというところがある、などの結果がでることが多いんですよ。麻布十番という土地柄もあるのでしょうか。飼い主さんがインターネットなどで調べていて、「ペットドックがあると聞いたんですが……」と先にお問い合わせをいただくこともあります。

飼い主とペットのちょうどいい関係とは。

そこそこの放任主義、というところでしょうか(笑)飼い主さんにとって犬や猫は家族も同然ですから、かわいいのは分かります。ただ、可愛がりすぎると……というところは心配です。ついおやつをあげすぎてしまう、噛みついても叱らないままになってしまう、などが積み重なると、その子たちにとってもよくありませんからね。あとは、皮膚をきれいに保ってあげてほしいですね。動物たちにとっても、皮膚病は深刻な問題で、受診件数も多いです。皮膚病の原因は、細菌によるものや、体質によるものなどさまざまなのですが、皮膚を清潔にしてあげることで進行を防ぐことになりますし、何より、体を触ってあげることで何らかの異変に早く気づいてあげることができます。トリミングの際にナノバブル温浴を追加することができるので、ぜひ体験していただきたいですね。皮膚洗浄に非常に効果がありますので、アトピー性皮膚炎などのアレルギーをお持ちのわんちゃんにオススメですよ。

これから受診される患者さんへ。

今後も変わらず、動物たちの健康と美容に力を入れていきたいと思っています。その一貫として、鍼やアロマを使った施術も取り入れていく予定です。みなさんに満足していただく診察や対応をするためには、医療の質を高めることが一番。開院して3年ですが、自分自身で改めてそうありたいと思っています。
また、なんとか24時間体制で動物たちをサポートできる体制を作りたいと思っており、その体制づくりも視野に入れています。「高いところから落ちてしまった」「誤飲してしまった」「てんかんを起こしてしまったんです」こういったことは、実は夜が多いんですよ。そのときに、飼い主さんと動物たちをしっかりサポートしてあげたいなと思うんです。

先ほどお話したトリミングのほかに、当院ではホテルもやっていますので、旅行や出張などのときにはぜひご利用ください。動物たちと毎日過ごす中で、何か小さな異変に気づいたら何でもお話ししていただきたいなと思います。今は麻布十番や南麻布などからお越しいただく方が多いのですが、今後、さらに幅広い地域のみなさんをサポートできたらいいなと思っています。

※上記記事は2014年07月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

荒井 祐一郎 院長 MEMO

  • 生年月日:1977年1月5日
  • 出身地 :東京都
  • 血液型:O型
  • 趣味・特技:ゴルフ
  • 好きな本もしくは愛読書:車関係の雑誌
  • 好きな映画:邦画全般
  • 好きな番組:ラジオ番組(TOKYO FM)
  • 好きな場所もしくは観光地:ゴルフ場

グラフで見る『荒井 祐一郎 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート