港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 患者の声(港区)―

佐野虎ノ門クリニック(虎ノ門駅・内科)に寄せられた患者の声ページ

患者が薦める
佐野虎ノ門クリニック

50代男性/70代女性の声

BEST RECOMMEND WORD

私自身が発作を起こすタイプなので、やはり先生に逐一報告させていただいて、その都度先生に治療の方針を決めていただけますので、私としてはどうすれば自分の症状が少しでも軽減できるのかということに対して先生と話し合うことができますのでそこではきちんと安心してます。やはり患者本位で物事を考えていただけているというのが、患者にとって一番安心できるのだと思います。

50代男性の声

Q.来院はいつから?
A.今から5年前ですね。
Q.選んだきっかけは?
A.同愛記念病院という病院で最初に治療を受けまして、その後に同愛記念病院の方から虎ノ門クリニックを紹介されて通院するようになりました。
Q.来院の理由は?
A.気管支喘息で気管がどうしても狭くなってしまうので、それを治す目的で来てます。掛かってからは症状が落ち着いて来てますので、すごく助かってます。
Q.先生の印象は?
A.先生としてはものをハッキリとおっしゃっていただけるのと、患者に対して真摯に向き合っていただける先生なので非常に助かっております。
Q.先生の対応は?
A.私自身が発作を起こすタイプなので、やはり先生に逐一報告させていただいて、その都度先生に治療の方針を決めていただけますので、私としてはどうすれば自分の症状が少しでも軽減できるのかということに対して先生と話し合うことができますのでそこではきちんと安心してます。やはり患者本位で物事を考えていただけているというのが、患者にとって一番安心できるのだと思います。
Q.スタッフ方の対応は?
A.先生のご指導がよろしいのだと思うのですけれども、やはり周りの方が的確に事をすすめてくれるので非常に助かっています。
Q.おすすめポイントは?
A.佐野先生が気管支喘息に関してかなり知識をお持ちなので、こちらの病院に来るメリットは僕にとっては大きいのかな、と。他の病院では取り扱えない患者さん、症状の重い患者さんでも佐野先生はきちっと診ていただけますので、そこはすごくいいと思います。
Q.先生に一言
A.先生がいてくれるおかげで僕自身が助けていただいてるというのは大きいな。とは思いますので、先生にはほんとに「ありがとう」という言葉を毎日言っても足りないのかなと 思ってるぐらいです。

70代女性の声

Q.来院はいつから?
A.先生が以前に同愛記念病院で診察をされてまして、こちらが開院したということで伺いました。最初(開院して)からなので、もう10年くらいは過ぎますね。
Q.選んだきっかけは?
A.風邪ひいた当、自分がぜんそくだとは気づかずにその年は4ヶ月間くらい風邪ひいたような状態でいて自然に治っちゃったんですね。で、また春先になると(今度は)風邪をひいた症状が治らない状態になってまして、突然、呼吸困難になってティッシュペーパーを1晩に1箱使うくらいの咳をしていました。それで同愛記念病院に伺いまして佐野先生との出会いがありました。それからずっと先生(のところ)に月1度 来ております。
Q.先生の対応は?
A.私の場合は肺の末端の気管が狭くなっちゃってるのでそれを拡張するための吸引なんですが、年数が長くなってくるとそこが固くなっててなかなか広がらないというのが現状ですね。だからもうちょっと先生が言われた当初の頃に、きちっとやっていれば今みたいにならずにすんだのかなって。ちょっと走ったりするとやっぱり、ちょっとハアハアするので。通常の生活の中では何も不自由することはないんですけどね。
Q.先生の印象は?
A.先生お昼時間 食事もせずに夕方 までずっと診療してるんですよ。だから先生の情熱っていうんですか、患者さんに対する思い込みの強さがすばらしいな、という風に。そこは尊敬しています。
Q.スタッフ方の対応は?
A.いつもおだやかに親切丁寧に対応してくださいます。前からの看護婦さんもずっと長くいらっしゃいるのでいい環境なのかな、という風に思っております。
Q.印象に残っていることは?
A.8年前に栃木 自治医科大学病院で3分の2、すい臓がんの摘出をしたんです。そのときに、呼吸っていうのが手術に大切なので検査していただいて佐野先生のお名前を出したら、みなさん知ってました。私もびっくりしたんですけど、こんなに全国的に有名になっている先生に診察していただいているということが、すごくやっぱり、よかったなと思っています。
Q.先生に一言
A.先生の身体を大事にして、私たちをいつまでも見守っていただきたい。というのがお願いです。健康に気をつけてがんばってください。ときにはゴルフ、一緒に行きましょう。

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート