港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(港区)―

大森 真帆 院長/大森真帆 麻布十番クリニック(麻布十番駅・内科)の院長紹介ページ

大森 真帆 院長

MAHO OOMORI

未病の段階からのアプローチで、病気にならないための医療を提供したい。

大学卒業後、東京の大学病院や千葉の総合病院の腎臓内科・透析科で勤務。その後、麻布十番駅近くに開業。

大森 真帆 院長

大森 真帆 院長

大森真帆 麻布十番クリニック

港区/麻布十番/麻布十番駅

  • ●内科
  • ●腎臓内科
  • ●アレルギー科

未病の段階でケアを受けられる場所も必要なはず。

大森 真帆 院長

実をいうと、大学に入るまで医師になろうとは思っていませんでした。当初は数学者か物理学者になりたいと思っていて、まったく医者という道は考えていなかったんです。なので、周りの人はみんな驚いていましたね。医者を志したのは手塚治虫さんの漫画「ブラックジャック」の影響がひとつです。また、医者にはいろいろな可能性があるのではないかと思いました。実際になってみて、この道を選んでよかったなと思っています。
元々、東京の大学病院や千葉の総合病院の腎臓内科・透析科にて勤務していましたが、勤務終了後に東京の自宅近くのビルの一室でクリニック診療をしていました。しかしマンションの一室では限界があり、かといってご病気の方が千葉まで来られるのも大変ですので、その為、東京メトロ南北線・都営大江戸線の麻布十番駅に近く、通院のしやすい当地に内科・腎臓内科・アレルギー科の大森真帆 麻布十番クリニックを開業することに決めました。
若くても血圧が高い方など、病気とはいえないけれど注意が必要なのにそれをケアする場所も人もいない、というところに以前から問題を感じていました。また、診療費等の問題で病気が悪くなるまでほうっておいてしまう患者さんもいらっしゃいます。本当に病気になってしまう前に診てあげられる場所を作りたい、そんな思いで自分のクリニックを開くことにしました。

「体の内側から美しくする=病気の予防をする」ためのアンチエイジング

大森 真帆 院長

専門を選ぶとき、全身を診れることが医者の使命だと思い、それができる内科か外科で考えていました。臓器のなかでも腎臓は、心臓や肝臓と同様になければ生きていけないのに、「透析」という方法を使えば生きていけます。その人の一生に付き合っていけると思ったのが腎臓内科を選んだ理由のひとつです。
また、重傷の患者さんなどを診ているうちに、「ここまで悪くなる前になんとかしたい」という気持ちが湧いてきました。腎臓が悪くなる前、糖尿病になる前、高脂血症になる前に、ストップできればと思ったのです。それは予防医学になるのですが、そのために「抗加齢医学(=アンチエイジング)」の勉強をしました。アンチエイジングというと美容のイメージが強いですよね。しかし、当院では皮膚科などで行われているものとは違い、「体の内側から美しくする=病気の予防をする」という流れで考えています。病気にならない医療を作っていきたいですね。

健康のために食べていたのに、実は遅延型アレルギーかも。

大森 真帆 院長

医学は大きく進歩していて、血液検査で分かる幅も大きくなっています。当院ではアメリカの検査機関に依頼して、日本では調べることのできない「遅延型フードアレルギー」の検査をすることができます。
「遅延型アレルギー」とは、食べてすぐにじんましんなどの症状が出るアレルギーとは違い、時間が経ってから現れるものです。
お腹の調子が悪いためにヨーグルトを毎日食べていた方を検査したら、実はヨーグルトにアレルギーがあった、ということもあります。食べるのをやめてみたら便が快調に出るようになりました。ずっと高血圧だった方も、アレルギーのある食品をやめて一ヶ月半ほどしたら正常値になったこともあります。アメリカでは自閉症や多動症の子供の症状が改善したという事例もあります。
ちなみに私はアルコールが好きなんですが、検査してみたら、ビール酵母にアレルギーがあることが分かりました。私としてはとても残念な結果だったのですが、アレルギーのある一つの食べ物をやめることによって症状が改善されるというのは、とても大きいことだと思います。自覚症状は人によって違うので、何か気になることがあったら一度ご相談いただければと思います。

食生活の改善が、未来の病気を予防につながる。

内科としてのアンチエイジングを行い、肥満を改善させるということは、結局は病気を予防することにつながります。
しかし、ただ漠然と「ダイエットをしてください」と言われてもピンときませんよね。過度の運動など、方法を間違えば逆に体によくない結果になってしまうこともありますし、合うかどうかは人それぞれ違います。当院では、先ほどのフードアレルギーの検査なども合わせ、食生活の改善もおこなっています。「あなたにはこの食品は合わない」「これをカットしましょう」と具体的で分かりやすいダイエットの指導をさせていただきます。
また、私はサプリメントの監修もしていて、これは母が病気になったことをきっかけに開発を始めました。市販されているものの中には、摂取したい成分のほかにも添加物などが入っていることがあります。よくないものまで摂ってしまっているんですね。家族も、大切な友達も、私自身も安心して飲めるサプリメントを作りたいと思いました。

最後に、サイトをご覧になる方へのメッセージをお願いします。

現在、慢性腎臓病は日本に1300万人以上いるといわれています。腎臓の病気は思っているよりも身近です。糖尿病や高血圧などの生活習慣病は、必ず腎疾患に結びついています。腎臓の疾患は多岐にわたりますので、その全体を最初から最後まで診させていただきたいと思っています。
また、速い段階からの腎臓病の予防、いろいろな観点からの疾患の予防、ある病気を発症してからの次の疾患の予防など、病気にならないための医療を提供したいと考えています。

健康診断でちょっと尿検査にひっかかった、などという方はたくさんいらっしゃると思います。そのままにしておいて悪くなってから医療機関を受診するのではなく、悪くなる前に一度相談にいらしてください。男性、女性、若い方、高齢の方、どなたでも気軽に来ていただければと思います。

※上記記事は2014.10に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

大森 真帆 院長 MEMO

腎臓専門医 /透析専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:ゴルフ、サーフィン、料理、ワイン
  • 好きな本:ワンピース、ブラックジャック
  • 好きな映画:アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.が好きです)、007
  • 好きな言葉:自主自律
  • 好きな音楽:ロック
  • 好きな観光地:ハワイ、宮崎

グラフで見る『大森 真帆 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート