港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(港区)―

山口 麻子 院長/白金ビューティフルエイジングクリニック(白金高輪駅・美容外科)の院長紹介ページ

山口 麻子 院長

ASAKO YAMAGUCHI

“素肌”の快適さをみなさんに。
「素肌ルネッサンス」でもっとあなたを自由に

日本大学医学部卒業。日赤医療センターでの卒後研修を終え、北里研究所病院美容医学センターにおいて、美容外科・美容皮膚科の臨床経験を積む。2006年9月に『白金ビューティフルエイジングクリニック』を開院(東京メトロ日比谷線「広尾駅」より徒歩10分、東京メトロ南北線・都営三田線「白金高輪駅」より徒歩10分)。

山口 麻子 院長

山口 麻子 院長

白金ビューティフルエイジングクリニック

港区/白金/白金高輪駅

  • ●美容外科
  • ●形成外科
  • ●美容皮膚科

目の前の人に幸せになっていただけるお医者さんに

山口 麻子 院長

始まりは、歯医者さんでした。治療で訪れた歯医者さんが、歯を削ったり、型をとったりしているのを見て、その職人のような有り様がすごく格好良く思えたのです。医療者への憧れはその時からだったと思います。それが歯医者さんからお医者さんに変わったのは、親の洗脳のようなものだったのかもしれません。事あるごとに、「医者はいいぞ、医者は良いぞ」というものですから(苦笑)、それで小学校の時には「お医者さんになる」と思い込んでしまったんですね。
私は一度決めたら猪突猛進タイプで、まだ大学生の頃から美容外科に進みたいと考えていました。大学時代、私はアメリカの美容外科・形成外科の研修プログラムに参加したことがあります。当時アメリカには海外の学生を受け入れるそうした制度があったんですね。そこで初めて美容外科を目にした時から、それが私の目指す道になりました。
ところがです。当時私の通っていた大学には美容外科医を育成するシステムは存在していませんでした。今と違って情報が極端に少ない時代でしたから、どういうキャリア形成をすれば目標にたどり着けるのかがわからなかったのです。そんな時です。新聞に「北里研究所病院で美容医学センターがオープン」という記事を目にしたのは。もう何の迷いもなく電話をかけ、見学に行き、ひとめぼれして「私を雇ってください!」と言いました。しばらく経ってから、その時対応していただいた宇津木先生より「ぜひどうぞ」とお手紙を頂戴しました。これはやはり、縁というのでしょうね。
その宇津木先生(『クリニック宇津木流』)をはじめ、先輩方からは大きな影響を受けました。知識や技術はもちろんですが、目の前の人にいかに幸せになってもらうかということに医師としての喜びを見出すようになっていたのです。人ってそういうものですよね。患者さんのお役に立てることで、私は生かされているのだと思っています。

「素肌ルネッサンス」を多くの方に

山口 麻子 院長

素肌でいられることの快適さと幸せをここで皆さんにお伝えしていきたいと思っています。ファンデーションに頼らない素肌作りにはさまざまなメリットがあります。たとえば、毎日のスキンケアの時間をうんと短く出来たり、お化粧品による肌の劣化を防ぐことができます。とはいえ、お化粧をしないこと自体に違和感があるという方はまだまだ多いことでしょう。素肌で過ごしても大丈夫。あなたがまだ知らない素晴らしい世界があることを多くの人に実感していただけたらと思っています。

女性にとって、老化とは恐怖そのものかもしれませんが、考え方次第でそのカーブを緩やかなものにすることは充分に可能です。「年をとることは怖くない」そう皆さんに思っていただけるようにしていきたいですね。

健康とキレイを両立させていくために

山口 麻子 院長

「素肌ルネッサンス」とは、お化粧をしなくなるための発想の転換です。ファンデーションに頼らないことで、本来の肌の機能を取り戻してもらうことにその目的があります。
とはいえ、人は年齢を経ていくことを避けられません。スキンケアにどれだけ気を配っても、加齢による変化や紫外線、睡眠、食事等の要因により、しみやしわ、くすみといったものはどうしても出てきてしまいます。肌の健康とキレイは必ずしも一致するわけではないのです。そのキレイを上げていくために必要なのが、レーザー治療です。
毎日、毎日、ややこしいことをする必要はありません。月に1回のレーザー治療を受けていただければ、健康はもちろん、キレイな肌を取り戻すことが出来ます。

負担の少ない、あらゆる要素を考えた治療を

治療に際しては、その方の肌質を考えるとともに、性格をも視野に入れておこなっていきます。すぐに結果が欲しいという方もいれば、わからない程度でゆっくりやりたいなど、それはもう人それぞれです。ですから、その人全体を見ながら、適切な治療をご紹介していくことになります。
違うと言えば、求めるゴールもさまざまです。美容外科手術は、その究極でしょう。しかし、急激な変化を求めるということは、相応のリスクも引き受けることになります。今、美容医療は大きな変換期に差し掛かっています。すなわち、出来るだけ非侵襲的な、身体に負担のない治療が求められる時代なんですね。それは私にとっても幸運なことだと思っていますし、クリニックを訪れる方の多くが、コンセプトを理解していらっしゃっていると感じています。

これから受診される患者さんへ

お化粧のない素晴らしい世界がここにはあります。その快適さと自由をもっと多くの方に知っていただきたいと思っています。常日頃、肌を気にして過ごすことが人生の目的ではありません。お化粧から解放され、素肌の自由を知っていただくことが、より素晴らしい人生を育む鍵となると思っています。

※上記記事は2018年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

山口 麻子 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:旅行、日本酒・読書
  • 好きな本:仏教の本
  • 好きな映画:歴史物
  • 座右の銘・好きな言葉:「正しく生きる」
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:クラシック
  • 好きな場所・好きな観光地:自然

グラフで見る『山口 麻子 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート