港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(港区)―

原田 剛史 院長/かがやき内科・糖尿病クリニック(高輪台駅・内科)の院長紹介ページ

原田 剛史 院長

TAKESHI HARADA

糖尿病専門医・内分泌代謝科専門医として
患者さんの「かがやき」あふれる人生をサポート

近畿大学医学部を卒業後、20年あまりにわたって、同大学附属病院にて内分泌・代謝・糖尿病内科を専門に診療を続ける。豊富な知識と経験をもって、「高輪台駅」そばに開業。

原田 剛史 院長

原田 剛史 院長

かがやき内科・糖尿病クリニック

港区/高輪/高輪台駅

  • ●内科
  • ●糖尿病内科
  • ●代謝内科
  • ●内分泌内科

大学病院で培った知識と経験をもって、地域医療に貢献する

原田 剛史 院長

私の父はサラリーマンでしたし、自分の身近な存在にドクターがいたわけではありません。ただ、同じ仕事であるならば、何か「人のためになる」職業に就きたいと考え、医師を志すようになりました。とは言え、自分の専門分野として糖尿病や内分泌を選んだのは、父のことが多少影響しているかも知れません。
営業マンだった父は、連日の接待などがたたってか、今で言う「生活習慣病」に悩まされていたんですね。そうした姿を目にしてきたこと、また1人の患者さんを幅広く診療できる点に魅力を感じて、大学卒業後は内科を専門にしようと決めました。『かがやき内科糖尿病クリニック』の開設前、20年あまりにわたって在籍した近畿大学医学部附属病院では、糖尿病など代謝疾患、バセドウ病をはじめとした内分泌疾患を専門に診療を続けてきました。

地域の中のクリニックでありながら、大学病院レベルの診断・治療を実践

原田 剛史 院長

これと言った自覚症状がないままに進行する糖尿病、甲状腺の病気や骨粗鬆症などは、たとえ内科医であっても正しく診断するのが難しいものです。また、患者さんの方も「年のせいだ」と思いこんでしまっていたり、「ちょっと調子が悪いだけだから」と、積極的に受診することが少ないように思います。それでも実際には、風邪だと思って受診してみたら、「内分泌系の疾患だった」というケースもあるんですね。
幸いにも私は総合内科の専門医であり、糖尿病と消化器病の専門医。さらに、内分泌代謝科については専門医であると同時に、他のドクターを指導する立場にある「指導医」という資格も有しています。そのため、入院設備のないクリニックではありますけれど、それ以外の部分については、大学病院と同等レベルの診断・治療をご提供できるわけです。地域に根差した町のクリニックでありながら、ちょっとした風邪から思わぬ病気を見つけてさし上げることができる。それこそが、このクリニック一番の特長と言えるかも知れません。

糖尿病専門医・内分泌代謝科専門医として、質の高い医療を提供する

原田 剛史 院長

現在の日本の医療界において、糖尿病の専門医はドクター全体の1.5%、内分泌代謝科専門医は全体の0.6%と言うのが現状です。医師であれば、誰でも同じように診断・治療ができるというわけでもないんですね。検査の結果を正しく読み取り、患者さんの訴えに丁寧に耳を傾けて。そうすることで隠れた病気を見つけることができるかという事例も少なからずあります。
体の調子が悪いと、誰もが「病院に行こう」と考えるものだと思いますが、そのときに思い浮かべる病院は、いわゆる「大病院」なのではないでしょうか。最先端の医療機器が揃う大学病院を受診すれば、たしかに「ひと安心」だとは思いますが、本来は入院加療を伴う高度な医療をおこなうのが大学病院の役割。私はその大学病院で20年あまり経験を積んできましたので、地域の皆様の身近な場所で、大学病院に引けをとらない質の高い医療をご提供できると自負しています。このクリニックで対応できる疾患であれば責任をもって診療にあたり、より高度な医療が必要と判断する場合には、しかるべき医療機関をご紹介いたしますのでご安心ください。

患者さん1人1人に寄り添いながら、継続的な治療をサポート

生活習慣病を代表する糖尿病は、放っておけば自然と治ると言うものではありません。糖尿病と診断される数値を脱して、正常値と変わらない程度まで改善することはありますけれど、それでもやはり専門医による定期的なチェックは欠かせないものです。糖尿病患者さんと私たち医師は、何年もの長いお付き合いが続いていくもの。そのため、診療にあたっては何よりも、患者さんに「良くなる希望をもっていただく」ことを第一に考えて、お1人お1人に寄り添ったお声かけをしているつもりです。
糖尿病を診断する上での指針となる血糖値は、正常値に近づけるには大変な努力がいりますけれど、悪化していくときは本当にアッという間です。患者さんが、「もう大丈夫かな?」と自己判断をして通院を中断するようなことがあれば、せっかく積み重ねてきた治療がすべて無駄になってしまうのです。ですから、治療に取り組むモチベーションを保っていただけるように、食生活や運動などについてもアドバイスをさし上げながら、患者さんとご一緒に頑張っていきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『かがやき内科・糖尿病クリニック』は「高輪台駅」から徒歩1分、「白金台駅」や「五反田駅」、「品川駅」からも徒歩圏内の場所にあります。私たち人間は、生まれながらに「かがやき」を持っているものですが、病気になるとこれが一転して、「かげり」に変わってしまいます。私は、そんな患者さんの健康を取り戻すお手伝いをし、「かがやき」あふれる人生を送るためのサポートをしたいと思っています。日々の生活の中で、「何だか疲れやすい」「ダルい」と感じることがあったり、体重の増減に気づくことがありましたら、ぜひお気軽にご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2017年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

原田 剛史 院長 MEMO

  • 出身地:大阪府
  • 趣味・特技:ドライブ
  • 好きな映画:その時の話題作
  • 好きな音楽やアーティスト:J-POP
  • 好きな場所:北海道、屈斜路湖

グラフで見る『原田 剛史 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート