港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(港区)―

池田 衣里 院長/えがおクリニック(広尾駅・ペインクリニック)の院長紹介ページ

池田 衣里 院長

ERI IKEDA

将来的なリスクに備えた「予防医療」を通して
患者さん1人1人の健康をサポートする

北里大学医学部を卒業後、麻酔科を経て、東京医科歯科大学の麻酔蘇生ペインクリニック科で経験を重ねる。麻酔科の専門医・指導医、ペインクリニック科の専門医であるほか、日本抗加齢学会(アンチエイジング)認定の専門医でもある。

池田 衣里 院長

池田 衣里 院長

えがおクリニック

港区/西麻布/広尾駅

  • ●ペインクリニック
  • ●内科
  • ●形成外科

幼少期の体験がきっかけで医師を志し、予防医療の実践をめざす

池田 衣里 院長

私は、小さな頃に斜視と診断されて、手術を受けたことがあったんですね。まだ幼稚園に通う年齢で、手術の前後には入院もして。このときの体験が、医師を志す最初のきっかけになりました。私としては、看護師さんに良くしていただいた嬉しさが大きかったのですが、母から「お医者さんになったら?」という感じにすすめられまして(笑)。高校卒業後は、北里大学の医学部に進学しました。
自分の専門分野に麻酔科を選んだのは、研修医のときに交通事故にあったことが1つの理由です。ケガの治療で入院生活を送るなか、医師として「痛みの治療」に携わっていきたいと考えるようになったんですね。それからは、麻酔科医として研鑽を積み、さらに専門性を高めるために、東京医科歯科大学の麻酔蘇生ペインクリニック科で経験を重ねました。開業を考えたのは、大学病院の診療とあわせて、在宅医療に携わってきたことが大きかったですね。さまざまな症例を担当するなかで、「予防を中心にした医療」をご提供していきたいという想いが強くなり、『えがおクリニック』の開設を決めました。

将来的なリスクに備えたケアやメインテナンスで、健康長寿をめざす

池田 衣里 院長

『えがおクリニック』がめざすのは、みなさまの健康寿命を延ばすことであり、痛みのない、心おだやかな毎日を送っていただくための医療をご提供することです。そして、体の内側の健康が整ったら、年齢相応の美しさ、若々しさもサポートしていきたいと考えています。ここは、最寄り駅から少し離れた住宅地ですが、近隣にお住いの方はみなさん、健康に対する意識がとても高いと感じます。そんな地域に根差したホームドクターとして、ペインクリニックやアンチエイジングを融合させた医療をご提供していきたいと思います。
クリニックを開業するまで、8年にわたって在宅医療に携わってきて、病気にならないための体づくりであったり、病気を「予防」するための医療こそが大切だと痛感しました。在宅医療で担当する患者さんの中には、加齢が原因の痛みにお悩みの方が多くいらっしゃいましたし、「人間は血管から老いる」とも言われます。ですから、今はとくに自覚症状がなくても、将来的なリスクに備えて、30代、40代からのケアやメインテナンスをおすすめしたいと思います。来院される患者さんのプライバシーに配慮して、診察室は個室スタイルになっていますので、小さなお子さまをお連れの場合にも、どうぞ安心してご来院ください。

これまで培った知識と経験をいかし、心も体も「えがお」になれる医療を

池田 衣里 院長

予防医療を中心にしたクリニックとは言え、もちろん、ちょっとした風邪やお腹の症状などにも幅広く対応しています。また、ペインクリニックの専門医として、痛みや侵襲が少ない「スーパーライザー」による治療もおこなっていますので、つらいお悩みはぜひご相談ください。こうして体の状態を整えつつ、キレーション療法で血液や血管のデトックスをしていただいたり、その時々のコンディションに合わせた点滴療法などを続けていただくことが理想的です。また、体を元気にするだけでなく、心まで「えがお」になれる、そんな治療メニューもご用意しているんですよ。
実は、私自身、35歳を過ぎたあたりから体力的な衰えを感じまして(笑)、適度な運動・糖質制限・ビタミン摂取という3つのことを心がけていす。また、女性であるからにはやはり、いつまでも美しく、若々しくありたいと思っています。さすがに、「美魔女」をめざすのには抵抗がありますけれど(笑)、今よりマイナス2、3歳をめざすアプローチなら、きっとみなさんも興味があるはず。そんな考えから、週に1度、形成外科の女性の先生をお招きして、気になるシミやシワのお悩みにお応えしています。同じ女性同士、個室の診療室で治療をおこないますので、デリケートなお悩みも安心してご相談ください。

患者さん1人1人に寄り添いながら、健康づくりのお手伝いを

診察をする際に気をつけるのは、やはり患者さんのお話をよく聞く、ということでしょうか。たとえば、風邪やインフルエンザでお薬を処方する場合にも、患者さんのご希望を丁寧にヒアリングします。私は、ペインクリニック科にいた頃から、眠くなりにくい漢方薬をよく使っていたのですが、数種類ある漢方薬の中でも、その方の症状や体質なども考慮して、最適なお薬をお出しするようにしています。
また、小さなお子さんを連れたママの中は、「できればお薬を使いたくない」とおっしゃる方も多いのですが、そんなときにはお薬の代わりに、ビタミン剤やサプリメントをおすすめしたり。そのほか、食生活を含めた生活習慣の見直しをご提案したり、適度な運動をご指導することもありますね。とは言え、急にあれこれお伝えしても、患者さんご自身が大変になってしまうと思いますので(笑)。患者さんお1人1人のペースにあわせて、無理なく改善できること見つけて、ご一緒に取り組んでいきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『えがおクリニック』は、東京メトロ「広尾駅」4番出口から歩いて10分ほどの場所にあります。女性医師ならではのきめ細やかな診療と、個室の診療室。小さなお子さんをお連れの場合でも、点滴療法などで時間がかかる場合でも、ゆっくりとリラックスしてお過ごしいただけることは、当院ならではのメリットかもしれません(笑)。
私は、予防医療(アンチエイジング)を通して、たくさんの方に「痛みのない生活」を送っていただきたいと思っています。若い世代の方、美と健康に興味のある方にこそ、ぜひご来院いただきたいと思います。
休日診療も行っておりますのでご利用下さい。

※上記記事は2018年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

池田 衣里 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味&特技:旅行、パーソナルトレーニング、お友達とおしゃべりしながら美味しいお料理とワインをいただくこと。
  • 好きな場所:ハワイ
  • 好きな言葉・座右の銘:実るほど頭を垂れる稲穂かな

グラフで見る『池田 衣里 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声