港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(港区)―

徳中 亮平 院長/南青山TOKUNAKAクリニック(外苑前駅・皮膚科)の院長紹介ページ

徳中 亮平 院長

RYOHEI TOKUNAKA

眼瞼下垂の日帰り手術や傷口の手当てなど
地域の中で質の高い医療を提供する

昭和大学医学部を卒業後、研修を経て、同大学の形成外科に入局。大学病院や関連病院で10年あまり経験を重ね、「外苑前駅」そばに開業。

徳中 亮平 院長

徳中 亮平 院長

南青山TOKUNAKAクリニック

港区/南青山/外苑前駅

  • ●皮膚科
  • ●形成外科
  • ●美容外科
  • ●眼科

幼少期の体験をきっかけに、形成外科医として研鑽を積む

徳中 亮平 院長

私は、小さな頃から体が弱くて、小児ぜんそくやアトピー性皮膚炎の治療のために病院を受診することが良くありました。さらに、病気がちでありながらヤンチャな所があったものですから、形成外科の先生には傷口の縫合などで大変お世話になりました(笑)。一方で、私には手先が器用なところがあって、モノづくりが好きだったものですから、子供時代のヒーローと言えば、お医者さんか、大工さん。工事現場に出かけて行っては、大工仕事を眺めていました時期もありましたけれど(笑)、中学生のときにはすでに、将来の目標をお医者さんに決めていたように思います。
大学卒業後、自分の専門分野に形成外科を選んだのも、「モノづくりが好き」ということからでした。母校の昭和大学病院から出向する形で、福島県や高知県、群馬県など各地の医療に携わり、10年にわたって経験を重ねてきました。形成外科医は大工さんと似たところがあって、外科的な技術は「盗むもの」なんですよね。そうした意味では、いろいろな先生のもとで勉強させていただいたことは、今につながる貴重な財産になっていると感じます。

落ち着きのあるリラックス空間で、患者さんとゆっくり向き合う

徳中 亮平 院長

こじんまりとしたクリニックではありますが、開業にあたっては来院される患者さんに少しでも快適にお過ごしいただけるようにと心を配りました。医療機関としては「清潔」であることが第一ですけれど、明るいイメージと落ち着きのある空間にしたくて、ナチュラルな木のぬくもりを取り入れたんです。
患者さんお1人お1人とゆっくり向き合ってお話をしたいというのは、開業を決めた1つの理由でもありました。そのため、デリケートなお悩みも気兼ねなくお話いただけるようにプライバシーに配慮するとともに、複数の診察室をご用意することで、なるべくお待たせしないスムーズな診察を心がけています。このクリニックでできる治療は責任をもっておこない、もしも必要な場合には大学病院などへ紹介することができますので、ご安心ください。

形成外科専門医ならではの知識と技術を、地域医療に役立てたい

徳中 亮平 院長

『南青山TOKUYAMAクリニック』では、皮膚科・形成外科・美容外科・眼科を標榜して診療しています。南青山エリアには、美容系のクリニックが数多くありますけれど、保険診療に対応しているクリニックは意外と少ないんですよね。そのため、美意識の高いビジネスパーソンはもちろん、近隣にお住いのみなさまにも気軽にお越しいただけるようにと考えて、この場所で開業することを決めたんです。本当は、私の専門分野である「形成外科」をメインにしたいところですけれど、まずは皮膚トラブルなどをご相談いただいて、それをきっかけに形成外科領域のお悩みについても、改善に向けたお手伝いができればと思っています。
医師になってからこれまで診療を続けてきて、「形成外科」という診療科の認知度がまだまだ低いことを実感します。整形外科と混同されてしまうことも多いのですけれど(笑)、傷に対する治療をしたり、失われた組織を再生することが、私たち形成外科医の役割。ケガをした指先の神経をつなげたり、傷口をキレイに縫い合わせたり、ある意味で身体の大工さんと言えるかもしれません(笑)。ケガや火傷を負ったとき、大慌てで救急病院に駆け込む方も多いですが、地域の中の身近な場所にも、そうした症状に対応できる医師がいることを知っていただきたい。形成外科専門医ならではの知識と技術をもって、地域のみなさまのお役に立ちたいという気持ちで、日々の診療にあたっています。

眼瞼下垂を中心に、日帰り手術にも対応

当院では、私のほかに複数の医師が在籍して、形成外科や皮膚科、眼科など、幅広い診療をおこなっています。また、大学病院で診療していた頃には救急医療にも携わっていましたので、いずれはスタッフの協力を得ながら、このクリニックでも救急に対応していきたいと考えています。現在は、局所麻酔による日帰り手術をおこなっていて、とくに「眼瞼下垂」の治療には力を入れています。
40代後半から70代、80代の方に多くみられる眼瞼下垂は、加齢などによって上まぶたが垂れ下がってしまう状態を言います。局所麻酔でおこなう安全性の高い手術は即効性があり、術中から「よく見えます」と喜んでいただくことも多いんですよ(笑)。たとえ年齢を重ねられたとしても、少しでも長く人生を楽しんでいただきたいですからね。手術を受けた患者さんが、明るく前向きな気持ちになられたり、旅行に出かけられたり、みなさんに喜んでいただけることは、私にとって何より嬉しいことです。患者さんのQOL(生活の質)を長く保っていくことこそ、私たち開業医の使命。これからも生涯の仕事として、しっかり取り組んでいきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『南青山TOKUYAMAクリニック』は、「外苑前駅」から徒歩6分のビル2階で診療しています。形成外科のクリニックと言っても、どんな症状でかかればいいか「よくわからない」という方が多いのではないでしょうか。だからこそ、気になることがあれば何でもご相談いただきたいですし、この症状には治療が必要ですか?といったご質問でも大丈夫です。遊びに来るような感じ、というのはおかしな言い方かもしれませんけれど(笑)、ちょっと話をするような感覚で、気軽に足を運んでいただきたいと思います。

※上記記事は2018年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

徳中 亮平 院長 MEMO

形成外科専門医

  • 出身地:北海道
  • 趣味・特技:スノボ、弓道(3段)
  • 好きな音楽やアーティスト:日本のロック(WANIMAなど)

グラフで見る『徳中 亮平 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート