港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(港区)―

松見 泰宇 院長/まつみレディースクリニック三田(三田駅・産科)の院長紹介ページ

松見 泰宇 院長

HIROTAKA MATSUMI

不妊治療から妊娠、婦人科診療まで。患者さんがくつろげる環境でオーダーメイドの治療を提供する

東京大学医学部卒業後、大学院や成育医療研究センターで研究員として学ぶ。焼津市立総合病院、武蔵野赤十字病院など総合病院にて勤務。その後、秋葉原ARTクリニック、高崎ARTクリニックなどで不妊治療に携わる。個人クリニック、周産期医療専門病院での勤務を経て、2018年、まつみレディースクリニック三田を開院(三田駅より徒歩4分)。

松見 泰宇 院長

松見 泰宇 院長

まつみレディースクリニック三田

港区/芝/三田駅

  • ●産科
  • ●婦人科

人にためになることを目標に医師の道を選ぶ

松見 泰宇 院長

私が中学生の頃、家族が出産するという出来事があり、産婦人科はダイレクトに人助けができる職業だと感じました。人のためになり感謝される職業に就きたいと考え、医師の道を選びました。
東京大学医学部を卒業後は、東京・埼玉・静岡など首都圏各地にある関連病院で臨床経験を積みました。周産期医療専門病院および産科クリニックで一般のお産を手掛けるとともに、不妊治療のクリニックでも長く診療し、不妊症治療の診療も数多く経験しました。また、多くの方とのご縁で大学病院や基幹病院での診療から、プライベートクリニックでしかできない細やかな治療まで幅広い経験を積むことができました。これまでの診療経験を地域診療に活かしたいと考え、2018年、港区三田駅近くに『まつみレディースクリニック三田』を開院しました(都営三田線・浅草線「三田駅」より徒歩4分)。内覧会には、東京大学からは主任教授の方、ほかにも公益社団法人や医療機関、大学など各界の著名な方に来ていただきました。不妊治療・妊娠・出産に携わり30年ほどになりますが、今までの知識と経験を活かし、新しい命の誕生のお役に立てればと考えております。

地域の方から海外の方まで、不妊から子宮内膜症などの予防医学まで幅広く診療

松見 泰宇 院長

私には留学経験があるのですが、その時感じたのは母国語以外で病気や体の不調を説明することの難しさです。日本も国際化が進む中、来日される方に一定レベル以上の医療が提供できればと考え、駅や空港からのアクセスも良い三田という場所を選びました。地域の方から海外の方まで幅広く対応していきたいと思います。
当院では産科・不妊治療・婦人科・抗加齢医療・予防医療の5つを診療の柱にしています。現在不妊症の方は増えてきており、結婚されていない方でも卵巣機能が衰えてきているなど不妊症予備軍と言える方も意外と多い状況でもあります。仕事を始めとして、ジェンダーロールと呼ばれる女性の性的な役割が大きくなるに従い、不妊症に悩むカップルの割合も増えてきています。全体的に結婚・出産の年齢が上がっていることも原因の一つとしてあるのかもしれません。ですから前もって女性の方がご自分の健康状態を知っておくことはとても大切です。
また最近注目され、生理痛や卵巣のう腫、不妊が症状として現れる病気が子宮内膜症です。これは本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜組織が、子宮以外の場所、例えば卵巣、腹膜などで増殖、剥離を繰り返し、炎症や痛みの原因となる病気です。勤務医時代の経験を活かし、当院では出産・不妊治療だけでなく、こうした病気の治療や予防を含め20代から40代の方を中心に女性の健康に幅広く対応した医療を提供していきたいと考えています。また、東大病院では子宮鏡と呼ばれる検査を担当していました。将来的には子宮の中の検査や筋腫・ポリープなどの除去手術の導入や、妊娠しても流産してしまう不育症の治療にも取り組んでいきたいですね。

不妊治療から妊産婦検診まで一貫したケアを提供

松見 泰宇 院長

中でも力を入れていきたいのが、妊娠を目指す方へ向けた不妊から出産までの一貫したケアです。院内にはホルモンや精子の検査機器を完備し、不妊治療専門の医療機関と同じレベルの機器を導入しています。不妊ドックでさまざまな検査をおこない、ホルモン値なども見ながら、排卵の日を推定するより正確な方法で、妊娠までしっかりと検査・指導をおこないます。また、お体の様子を診て、体外受精が必要な方には、培養設備がありますので信頼性の高い外部の医療機関のご紹介も可能です。
そして、妊娠後は出産近くまでケアをおこない、大学病院や基幹病院とも連携して安心して出産に臨んでいただきます。当院は東京大学附属病院や愛幾病院を始め都内・栃木、千葉、埼玉にある医療機関ともセミオープンシステムの登録をおこない、連携しています。セミオープンシステムとは、妊娠36週くらいまでの妊婦健診をクリニックで受診し、それ以降や夜間には基幹病院や大学病院で受診や分娩をおこなう方法です。各医療機関とは密接なつながりがあり、病院長や産科部長など責任者の方をご紹介できます。安心して診療を受けていただけますので、ぜひ首都圏各地からも来ていただきたいですね。平日は夜7時まで、土曜日も診療していますので、より幅広く患者さんの対応ができると思います。働きながら妊娠出産を目指す女性の方のお役に立てればと思います。

患者さん1人1人に向き合った診療をおこなう

内装は患者さんが落ち着ける環境を第一に考え、シモンズという専門メーカーのベッドや内装など高品質なものを導入。リラックスしていただける環境づくりを目指しました。患者さん1人1人にあった治療を提供したいというのが当院の目標です。
ですから診療では、患者さんとのお話を最も重視します。私自身話し好きなので、雑談も交えながら皆さんに話してもらうことを第一に心がけています。今まで数多くの不妊治療や出産に携わってきましたので、どんな些細なことでもかまいません。まずは不安なことを私どもに教えていただければと思います。そして、もし不安な症状や気になることがあれば遠慮なくご質問ください。医学は日々進歩しています。常に勉強することが大切、というのが私のモットーです。専門書やネットを活用した各種文献、見識の高い先生や教授の意見をお聞きした上で、次回の診療まで可能な限り正しい知識・診断を提供したいと考えております。

これから受診される患者さんへ

「もしかして不妊かな……」そう考えた時、いきなり不妊専門のクリニックに行くのはとても勇気がいることだと思います。先ほど申し上げた子宮内膜症など不妊症にも関連する病気は、生理痛や月経不順など婦人科一般の症状を伴うことも多いものです。ですから不妊専門クリニックに相談するのは敷居が高いと感じてしまうのかもしれません。まずは不妊治療の経験もある、普通の産婦人科に相談してみることをおすすめします。気軽に足を運ぶことができますし、ちょっとした体調管理にも繋がります。産科や婦人科への気軽なご相談を不妊症治療の入り口にしていただければと思います。
また、妊娠には男性側の責任要因も半分あります。当院では精子検査機器も導入しておりますので、カップルでのご来院・ご相談も大歓迎です。妊娠を考える場合にはぜひ、男性の方も一緒に来ていただきたいと思います。当院は三田駅より徒歩4分の場所にあります。妊娠が上手くいかない、月経痛が辛い、チョコレート嚢腫があると言われたなど、気になることがあればまずはお話をお聞かせください。気軽に通える環境で一緒に新しい命を迎えてみませんか。医師・スタッフ一丸となって患者さん1人1人に向き合ってまいります。

※上記記事は2018年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

松見 泰宇 院長 MEMO

  • 出身地:兵庫県
  • 趣味:音楽会や博物館鑑賞、テニス
  • 好きな本・作家:基礎医学や生命科学の専門書、推理小説(東野圭吾など)
  • 好きな映画:シンドラーのリスト、グレイテスト・ショーマン、そして父になる、ミュージカル映画(雨に唄えば、ラ・ラ・ランドなど)
  • 好きな言葉・座右の銘:「七転び八起き」成長し続けようという意思があれば成長できると考えています。
  • 好きな音楽:クラシック、ミュージカル、J-POP、EDM
  • 好きな場所:自然の多い場所

グラフで見る『松見 泰宇 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声