港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(港区)―

中村 光康 院長/中村麻布十番クリニック(麻布十番駅・アレルギー科)の院長紹介ページ

中村 光康 院長

MITSUYASU NAKAMURA

最先端の痛くない内視鏡検査とアンチエイジング検査で病気を未然に防ぐ。

大学卒業後、医局での臨床・研究、アメリカ留学、東京医療センターなど複数の病院で勤務医として研鑽。その後、麻布十番駅から徒歩1分の場所に開院。

中村 光康 院長

中村 光康 院長

中村麻布十番クリニック

港区/麻布十番/麻布十番駅

  • ●アレルギー科
  • ●消化器内科
  • ●内科

患者さんに優しい開業医を目指した子供時代。

中村 光康 院長

昔から「何か役に立つ仕事に就きたい」と、ずっと思っていました。「物」をつくることも好きだったのですが、それ以上にやはり、私は「人」と向き合うことの方が好きということで、ダイレクトに人の役に立つことのできる仕事である医師の道を志しました。
大学時代はボート部に所属するなど、今でこそ体育会系の人間ですが、子どもの頃は本当に体が弱く、病気のため1年間体育の授業を休んだことも……。そうしたこともあって、元々は病院や医者が大嫌いだったのですが、であるからこそ、医師の道に進むにあたっては「自分は優しい医者になろう!」という決意のようなものがありましたし、その気持ちは今なお変わらずに持ち続けています。
大学卒業後は医局での臨床・研究、アメリカ留学、さらには複数の病院で勤務医として研鑽を積んだわけですが、なかでも前職・東京医療センターでの日々は大変充実したものでした。というのも、東京医療センターは研修医にとって人気ナンバー1の医療機関。そのため、そこに集まるドクターは能力も意欲も高い人たちばかりで、私自身も大いに刺激を受けました。私が開業医になろうと思ったのは、間違いなくそこでの経験が大きかったと思っています。

街のクリニックでありながら大学病院レベルの質の高い診療を提供。

中村 光康 院長

内科・消化器内科・アレルギー科の中村麻布十番クリニックは、今年(2014年)の1月に開院したばかりのまだ新しいクリニックです。開業場所に東京メトロ南北線・都営大江戸線どちらの「麻布十番」駅出口からも徒歩1分 とアクセスの良いこの地を選んだのは、私の出身校である慶應の大学病院や、提携関係にある済生会中央病院、東京医療センターなどと医療連携を図りやすい立地にあるため。そうした大学病院・提携病院からの紹介の患者様も少なくありません。
とは言え、当院に来院される患者様の多くはやはり近隣にお住まい・お勤めの方々。現在はまだ開業から間もないこともあって認知度は十分とは言えないかもしれませんが、今後はもっともっと地域に溶け込んでいくことで、より多くの近隣の皆様にお越しいただきたいと考えています。
目指すところは、風邪やインフルエンザなどに罹ったときに気軽に訪れることのできる、地域に根差した「街のクリニック」ではありますが、その一方で、最新の知見と設備を備えた当院では大学病院レベルの質の高い診療を受けていただくこともできます。なかでも私は消化器内科を専門としており、併せて内視鏡の専門医の資格も持っていますので、最新鋭の内視鏡を用いた“痛くない”検査と、それによる潰瘍、ポリープ、がんなどの早期発見・治療につきましては、多くの患者様からご好評いただいています。

予防の観点に立って、未病の段階から健康と老化防止をアドバイス。

中村 光康 院長

「アンチエイジング」というと、どうしても美容のイメージを持たれる方が多いと思うのですが、当院が診療内容として掲げているアンチエイジングというのはそれとはまったくの別物です。確かに、たとえば腸内を綺麗にすることで結果的にお肌も綺麗になるといったこともありますが、それはあくまでも副次的な効果。本来の目的は、未病の方を対象にした「予防」にあります。実は、病気・怪我の予防としてのアンチエイジングは高齢化が進む現在、医学の世界において大きな期待と注目を集めていて、日本抗加齢医学会という学会も存在します。もちろん私も学会の会員として、師匠の元に通いながら最新の技術と知識の習得に日々精励しています。
少々硬いご紹介になってしまいましたが(笑)、当院では血液検査や尿検査などの一般的な検査に加えて、アンチエイジング検査、具体的には骨年齢、血管年齢、筋年齢、神経年齢、ホルモン年齢などの検査も行っています。一般的な検査では「正常値」と判断される場合でも、より精緻かつ詳細なアンチエイジング検査では病気の素因や兆候が認められることがありますので、その結果に基づいて、予防の観点に立った健康上のアドバイスや、老化防止のためのアドバイスなどをさせていただいています。

患者さんの気持ちと目線・立場を何より大切にします。

常に患者様の目線・立場に立つことですね。たとえば何かをご説明する際にも、自分が理解していることは当然相手も理解しているだろうと思って、ついつい言葉が不足してしまいがち。そうしたときに改めて患者様の立場に立つことで、今の説明で本当に十分だったかどうかを判断することができるようになります。
また、私自身が子どもの頃にそうであったように病院嫌いの方も多いかと思いますので、少しでも居心地良く快適に院内でお過ごしいただけるように、当院を開院するにあたっては内装にもこだわりました。たとえば各部屋の扉などは、アレルギー症状を持つ患者様のことを考えて、クロスではなく、きちんとした木製のものを使用しています。

これから受診される患者さんへ。

最近では、病院の側でも診療科目の専門化・細分化が進んでいます。それ自体は決して悪いことではありませんが、その結果として「具合が悪いのだけど、どの病院で診てもらえば良いのかわからない」とお困りの患者様が増えているようにも感じます。そうした患者様にとって最初の相談相手になって差し上げること、そして診察した上で必要があれば、適切な専門病院や大学病院などをご紹介させていただくことが「街のクリニック」の役目であると私は考えています。
また、「他の病院で診てもらったけど、診察結果に疑問や不安がある」といったことも時にはあるでしょう。そうした場合にも、いわゆるセカンドオピニオンとして、当院をご利用いただければと思っています。
どのようなことでもかまいません。お困りのことやお悩みのことがありましたら、どうぞお気軽に相談にいらしてください。

※上記記事は2014.9に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

中村 光康 院長 MEMO

総合内科専門医 /消化器病専門医 /肝臓専門医 /消化器内視鏡専門医 /血液専門医

  • 出身地:鹿児島県
  • 趣味・特技:ボート、映画鑑賞
  • 好きな本:レイモンド・チャンドラー
  • 好きな映画:男と女(1966年/クロード・ルルーシュ監督)
  • 好きな言葉:他が為に鐘は鳴る
  • 好きな音楽:ジャズ全般
  • 好きな場所:アメリカ南部(テキサス州など)

グラフで見る『中村 光康 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート