港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(港区)―

木内 晶子 院長/十番クリニック(麻布十番駅・内科)の院長紹介ページ

木内 晶子 院長

AKIKO KINOUCHI

木内 晶子 院長

木内 晶子 院長

十番クリニック

港区/麻布十番/麻布十番駅

  • ●内科
  • ●小児科
  • ●皮膚科
  • ●アレルギー科

この道に至るきっかけと、これまでの経緯をお聞かせください。

木内 晶子 院長

父は私が小学校6年生の時に、祖母の田舎である徳島で産婦人科医院を開業しました。産婦人科って夜も仕事があるんです。入院室があって、分娩もある。母も父を手伝って給食を作っていたりして、そうした日常を過ごしていくうちに、段々と医療の道を志すようになっていった、というところです。
進学した東京女子医科大学では当時、3年生までは基礎を学び、そこから臨床ポリクリといって様々な科を実際に経験していく仕組みになっていました。脳神経外科、消化器、色々ありましたけども、中で最も興味を引かれたのが循環器だったんですね。その循環器の担当教授が、当時アメリカから帰って来られたばかりの先生で、非常に頭が切れる方で、のちのちにもつながる様々な影響を受けました。その方が循環器小児科を開設されて、私もそちらに籍を置き、学位を得たというわけなのです。
『十番クリニック』を私が引き継いだのは、1994年のこと。実は、私は数えて3代目の院長にあたり、前の院長先生が退任されるのと入れ替わりでこちらに赴任をした形になります。
私はすごく人に恵まれていると思っています。大学時代の指導教授との出会いもそうでしたし、このクリニックに出会えたこともそう。私の父が言うには、「お前はみんなにかわいがられて幸せだ。」なんてこぼすんです(笑)。これからも人との出会いに感謝し、その恩に報いることが出来るよう、私に出来ることを精一杯させていただければと思っています。

『十番クリニック』の診療方針を教えてください。

木内 晶子 院長

開業医であるからには、まず、“その人”を見ないといけないと思うんですね。分野でいえば、私は今アンチエイジングに1番興味を持ってはいるんですけども、総合内科医療として、特定の分野に幅を狭めることは、開業医のスタイルとしては好ましいものではないとも思っています。まず人を診ること、受け入れること、お話を聞くこと。それが1番大事なことで、そこからご紹介も含めてその人に合った対症療法をおこなっていく、という形になります。
それから、病気が治るというのはもちろん重要なことですけども、それだけでは不十分と考えています。やはり、治療を受けたご本人が納得して、満足して帰っていただくことが大切。その時の満足感が、何かあった時に、「先生のところへ行ってみようかしら」ということにつながっていくと思いますし、開業医としてそのような存在でいられたらと思っています。

オーダーメイド治療の中身について教えてください。

木内 晶子 院長

患者さんのその時の状態や症状から最も的確な方法を見出し、対処していくことだと思っています。当クリニックでは対処療法の範疇のものとして、血液検査に始まり、内服、注射、点滴療法、様々なリラックス療法をおこなっています。
リラックス療法の1つはO2LED療法と称されるものです。O2療法では、身体の組織の再生、解毒、免疫、脂肪燃焼などに不可欠な酸素を身体に取り込むことで、健康増進やアンチエイジングにつなげていきます。不眠やアトピー、スキンケア、アンチエイジング等、その方の問題に特化した形でメニューを組むことが可能です。
それから、ストレスや頭痛をやわらげてくれる効果のあるBeam on LEDと近赤外線、美肌の為の当院オリジナルニキビクリーム、PhotoRFもございます。
心と体をリラックスさせることは、健康にも大きな影響をおよぼすことはもちろんですが、患者さんの満足を充たしていく、ということにも気を配っていきたいと思います。

早期腫瘍免疫チェックについてご説明ください。

がんは、早期発見が最も大切です。早期腫瘍免疫チェックでは、遺伝子レベルにおける男性と女性の腫瘍マーカーと照合し、身体に異常がみられないかどうかをチェックしていくものです。万が一腫瘍が発見された場合、これまでの検査データ等をすべて添えた上で、患者さんのご希望をうかがいながら、すみやかに専門の病院へとご紹介する手続きを踏んでいきます。ご自身のためはもちろん、大切なご家族のためにも、早めのチェックをおこなわれることをお勧めします。

最後に地域の皆様へメッセージをお願いします。

内科・小児科・皮膚科 ・アレルギー科の十番クリニックは麻布十番駅から徒歩5分のところにあるのですが、ネットで見つけていらっしゃる方が非常に多いんです。結果として自分に合う先生、クリニックを見つけられたら、それが1番。人と人のことですから、相性もあるし、それは実際に行って確かめるしかないですよね。自分が悩んでることについて真摯に受け止めてもらえるかどうか。そこを判断材料に、何でも相談出来るかかりつけの先生を持っていただければ幸いですね。

※上記記事は2015.1に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

木内 晶子 院長 MEMO

  • 出身地:徳島県
  • 趣味・特技:旅行、ピアノ、水泳
  • 好きな本:医戒 幕末の西欧医学思想(C.W.フーへランド)
  • 好きな映画:シェルブールの雨傘
  • 好きな言葉:至誠と愛、感動
  • 好きな音楽:クラシック、オペラ
  • 好きな観光地:American Hospital of PARIS.

グラフで見る『木内 晶子 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート