港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(港区)―

伊藤 努 院長/青山歯科医院(表参道駅・歯科口腔外科)の院長紹介ページ

伊藤 努 院長

TSUTOMU ITOH

80歳で20本の歯をキープ。あなたの「QOL」の維持・向上をお手伝い。

日本歯科大学卒業後、立ち上げ間もない歯科麻酔学教室へ入局。その後、表参道駅すぐ傍の当院に勤務。現在は父の後を継ぎ、院長として日々診療を行う。

伊藤 努 院長

伊藤 努 院長

青山歯科医院

港区/南青山/表参道駅

  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科
  • ●歯科

麻酔科出身医師の手が作り出す「安全に医療を行える環境」。

伊藤 努 院長

私の母は代々続く医者の家系に生まれて自らも医師となった人で、当時はまだ珍しかった「女医」という職業のさきがけ的な存在。一方の父はこの地で歯科医院を営む傍ら日本歯科医師会の仕事に飛び回り、大学では「医療管理」について学生たちを指導する立場にもありました。そんな両親のもとに育った私はごく自然と歯科医師を志すようになり、日本歯科大学卒業後は歯科麻酔学教室へ入局しました。歯科の中でもなぜ麻酔科を選んだのか…?それは、何だかよく分からない、でもとても魅力的な医療だと感じたから(笑)。私は日本歯科大学歯科麻酔科の三期生なのですが、その頃の麻酔科はまだ立ち上げから間もないセクションだったんです。患者さんの全身を管理する麻酔科の仕事には、医科・歯科といった区分けはありません。医学部出身のドクターと同等の知識をもって仕事をするために、2年間ほどはとにかく必死で勉強していましたね(笑)。そうして得た知識と経験は、この歯科医院での診療にとても役立っていると実感します。何よりもまず「安全に医療を行える環境」を整える事こそが私たちの使命なのだと考え、日々の診療にあたっています。

都心にいることを忘れてしまうほど。診療室は「都会のオアシス」。

伊藤 努 院長

大学病院の麻酔科に10年ほど在籍して経験を重ねた後、1987年頃から、東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」すぐそばの父が営む歯科・小児歯科・歯科口腔外科「青山歯科医院」を手伝うようになりました。その後高齢のため引退した父の後を引き継ぐ形で院長となり、ビルの建て替えにあわせて2003年に院内設備をリニューアルしたんです。医院のスペースは好きなように設計して良いというお話をいただきましたので(笑)、青山通りに面した明るい陽射しと緑を感じるこの場所を選び、理想的な診療空間を実現しました。表参道駅B3出口のすぐ上、表参道の交差点からもほど近い都心にいることを忘れさせるような窓からの緑は、多くの患者さんから「都会のオアシス」「本当に癒される」とおっしゃっていただくんですよ(笑)。1階エントランスから当院がある3階フロアへは直通のエレベーターでお越しいただけるほか、院内も全面バリアフリー仕様になっておりますので、車イスなどをご利用の患者さんもどうぞ安心してご来院ください。

歯科医師は常時4名、スピーディな治療を実現。

伊藤 努 院長

歯医者さんの子として育ったことで油断したのでしょうか(笑)、私自身もさまざまなお口のトラブルに悩まされて来ました。大学の実習中には、あまりの痛さから一番大切な第一大臼歯を抜いてもらったという経験もあるほど(笑)。ですから私は、誰よりも患者さんの気持ちに寄り添った診療ができると自負しています。診察ユニットにお座りいただいたときに見える窓の外の様子はどうか?診察台の座り心地はどうか?さまざまな角度から検証することで医療機関らしくない、恐怖心を感じることが少ない施設づくりを目指しました。
一方で治療面においては、質の高い医療をスピーディにご提供することを心がけています。当院では歯科医師が常時4名体制で勤務していることから、緊急の患者さんにも出来る限り対応。また、大学病院では1~2時間かけて行うような抜歯についても、患者さんの負担を考慮して30分程度で終えられるよう努力しています。適切かつスピーディな治療を実践するためには、医療技術のほかに豊富な経験や知識が問われるもの。私は自分の指や目の感覚をフル稼働して、皆様に安全・確実な医療をご提供したいと思っています。

「人の命を救うことができる歯科医師」を育てたい。

私は現在、東京都港区麻布赤坂歯科医師会の会長を務めていて、歯科医師のレベルアップと地位向上のために尽力しています。私が専門とする「麻酔科」は、患者さんの全身を管理する救命に特化した診療科目。「ドクター」と呼ばれる医師と同じように人の命を助けることができるのです。一方で、歯科医師の仕事はどうでしょう?虫歯や歯周病の治療のために、歯を削ったり詰め物をしたり。「歯医者さん=技術屋さん」といったイメージをお持ちの方も少なくないかも知れませんね。私はそうしたイメージから一歩踏み出して、医師と肩を並べて仕事ができるような人材を育てて行きたいと思っています。そのため会長に就任して以来、年に1度のペースで救急医療の講習会を開催しているんです。人の命を救うことができる歯科医師が増えれば、「歯科」の分野が「内科」や「外科」と並列に扱われるようになるはず。来院される患者さんの診療はもちろんのこと、大きな災害時などに医師のサポートができるような人材を育成することもまた、私の役割の1つなのだと考えています。

これから受診される患者さんへ。

長きにわたり麻酔科を専門にしていたことから、「痛みをとる」治療については長けていると自負しています。患者さんの痛みの原因を探り、症状が少しでもラクになるような治療法をご提案し、実践して行きたいと思っています。とは言ってもやはり、痛いから歯科医院に行くのではなく、歯が痛くなくても定期的に歯科医院に通っていただくのが理想的。今の時代、歯磨きをしない方はいらっしゃらないと思いますが(笑)、磨き残しがない100%の状態に仕上げられる方は皆無でしょう。でも、それでも良いのです。美容院に行くような感覚で、歯科医院でのクリーニングを心がけていただきたいと思います。口元から健康管理をはじめて、80歳で20本の歯をキープ。ご自分の歯でしっかり咬める、美味しい食事を召し上がることができる…、皆様の「QOL(生活の質)」の維持・向上をお手伝いして行きたいと思います。

※上記記事は2014.10に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

伊藤 努 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:ゴルフをはじめスポーツ全般
  • 愛読書:もっぱら医学書などを読んでいます(笑)
  • 好きな映画:サウンド・オブ・ミュージック
  • 座右の銘:人生の意義は努力にあり
  • 好きな音楽:ジャズ
  • 好きな場所:海が近くて緑がある場所

グラフで見る『伊藤 努 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート