港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(港区)―

藤田 亜樹 院長/麻布十番クレールデンタルクリニック(麻布十番駅・歯科)の院長紹介ページ

藤田 亜樹 院長

AKI FUJITA

患者さんの意向を最優先にした治療で、地域で一番信頼される歯科医を目指す。

大学卒業後、臨床研修医として大学で1年学び。その後、勤務医としていくつかのクリニックで経験を積む。結婚・出産を経て、麻布十番駅より徒歩3分の場所に開業。

藤田 亜樹 院長

藤田 亜樹 院長

麻布十番クレールデンタルクリニック

港区/麻布十番/麻布十番駅

  • ●歯科

医療従事者に囲まれていた幼少時代。

藤田 亜樹 院長

父親が歯科医師でして、父親の家系も母親の家系も医師がたくさんいるんですね。その影響といいますか、小さいときから医療になじみがありますから、あたり前のように歯科医師の道へ。ちなみに、姉も弟も歯科医師です。
歯科大卒業後に臨床研修医として1年大学で勉強したのちに、勤務医としていくつかのクリニックで経験を積みました。一般歯科はもとより、ホワイトニングや審美など、何年か並行して務め、その間に結婚・出産を経験。出産の数時間前まで勤務し、出産して1カ月で復帰するというハードな生活をしていました。
そして、東京メトロ南北線麻布十番駅より徒歩3分のこの場所で、2014年10月に一般歯科・審美歯科の麻布十番クレールデンタルクリニックを開院いたしました。

歯科医院の「痛い」「怖い」イメージを払拭したい。

藤田 亜樹 院長

ホワイトニングと審美の経験が豊富で、私自身得意でもありますが、虫歯などの一般歯科も含め、歯科全般を診察します。
私の好みもあり、フェミニンなインテリアにして空間の快適性も追求。患者さんの目につくところには、できるだけ治療器具や薬剤を置きません。歯科医院のもつ「痛い」「怖い」というイメージを少しでも払拭したいと考えています。たくさんの治療器具や薬剤はビジュアル的にも快適ではないでしょうし、特有のニオイがありますからね。
精神的にも物理的にも、できるだけ心地よいスペースにしたいと思っています。

まず患者さんから信頼される歯科医でありたい。

藤田 亜樹 院長

カウンセリングをしっかりと行い、信頼関係を築くことです。押しつけの治療は一切しません。治療方法をいくつか示して、それぞれのメリット・デメリットをわかりやすく説明し、しっかり納得してもらってから患者さんにどの方法にするか選んでいただきます。
それと、「今日はこういう治療をしました。次回はこのような治療をします」ということをかならず言うようにしています。なによりも信頼関係とコミュニケーションが大切だと思います。

地域で一番信頼される歯科医を目指して。

開院して日が浅いので、まずは多くの方に知っていただき、地域で最も信頼されるクリニックにしたいですね。「麻布十番の歯科クリニックといえば、麻布十番クレールデンタルクリニック」と言っていただけるように。それで軌道に乗ったら、私の考え方に同調してくださる先生と分院展開したり、拡大化を図ってみたいと思います。まだまだ先の話ですけど(笑)。

これから受診される患者さんへ。

私は小児歯科も得意ですし、英話も話せます。お子さまから外国人の方まで、多くの方のお役に立ちたいと考えています。
セカンドオピニオンとしてご活用いただくのはもちろん、たとえば忙しくて通院回数が多くとれないビジネスマンの方などには、集中治療も行います。あくまでも患者さんの意向を最優先にした治療を心がけていますので、歯に関することであれば、なんでもお気軽にご相談ください。

※上記記事は2014.12に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

藤田 亜樹 院長 MEMO

  • 出身地:北海道
  • 趣味・特技:ヨガ、英会話、料理、美容
  • 好きな本:美容・ファッション系の洋雑誌など
  • 好きな映画:プラダを着た悪魔
  • 座右の銘:時は金なり
  • 好きな音楽:洋楽全般
  • 好きな場所:麻布

グラフで見る『藤田 亜樹 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート