港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(港区)―

和田 慶子 院長/ふれんどデンタルクリニック(虎ノ門駅・歯科)の院長紹介ページ

和田 慶子 院長

MICHIKO WADA

健康で美しい歯を多くの人に。歯科医療を通じ、皆さんを笑顔に

神奈川歯科大学を卒業。都内複数の歯科医院に勤務後、2008年に『ふれんどデンタルクリニック』を開業(東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」より徒歩8分、都営三田線「内幸町駅」より徒歩8分、JR各線「新橋駅」より徒歩12分)。

和田 慶子 院長

和田 慶子 院長

ふれんどデンタルクリニック

港区/西新橋/虎ノ門駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

自分の手で何かを為し遂げたいという気持ちが、この道に

和田 慶子 院長

父も祖父も歯医者さんだったこともあるんですけども、「何か、自分でやりたかった」というのがありました。小さいころから、細かい作業を好んでいたこともあり、手に職をということで、最も身近な職業である歯科医師を目指すようになったのです。
大学を卒業後、3つの歯科医院に勤務し、2008年に『ふれんどデンタルクリニック』を開院いたしました。実はここは、私がお手伝いをしていた医院でした。前の院長先生から「あとを引き継いでくれないか」というお話をいただき、私が受け継いだという形になります。
患者さんはずっとこちらに通ってきてくださってる方もいらっしゃいますし、私が以前に勤務していたところからも多くの方が来院されています。時間もずいぶん経ってますし、また距離があるにもかかわらず慕って通ってきてくださるのは、本当にありがたいことですね。

審美歯科治療に魅せられている理由

和田 慶子 院長

「詰め物を白くしたい」「前歯の隙間をきれいに治したい」「歯を希望通りの形にしたい」 当院ではこういったご要望にお応えする審美歯科治療に力を入れています。
審美歯科治療と一口に申しましても、方法にはさまざまなものがあります。たとえば、矯正治療もその選択肢の1つです。矯正治療は、見た目がきれいになるのはもちろん、機能的にも充分なものになることが期待できます。もちろん、矯正は時間も費用も相応に掛かるものですから、すべての方が望まれるわけではありません。ただ、のちのちの長い人生を考えれば、きれいな歯を手に入れると同時に、咬み合わせもしっかり治して、根本からの美しさを得ることも非常に大切なことなのです。

笑顔が素敵で、歯がきれいなことは、ほんとに素敵なことですよね。しっかり噛めることはもちろん大事です。ちゃんと噛めていれば食事も楽しめますし、それで笑顔がきれいだったら、いうことないと思うんです。治療を終え、「これで笑えます!」と歯を見せて笑って帰っていく患者さんを見るのは、私にとっても1番うれしい瞬間です。

患者さんの思いを大切に。負担の軽い治療を最初に選択していきたい

和田 慶子 院長

治療の選択については患者さんの希望が第一になりますけども、プロとしての意見も参考にしていただければと思っています。たとえば、歯を失った時の選択肢として、インプラントや入れ歯、ブリッジなどの選択肢が考えられます。入れ歯でも最近はノンクラスプといって金具の見えないタイプが出てきていますので、従来よりも選択の幅が広がってきています。ただ、お口に入るとなるとどうしても異物になりますから、慣れない方は慣れない。そのためにはやはり、選択肢が複数あるということが大事になってきますね。
歯科治療では保険と自由診療とが存在しますが、当院ではまず保険での治療をお薦めしています。試さずに自由診療のものを選んで、それに違和感などを感じてしまうことになれば、やはりもったいないですからね。患者さんの希望を汲みつつ、なるべく負担のない方法を一緒に選んでいければと思っています。

痛みの緩和をまず第一に考えて

治療を補助するものとして、レーザーを重宝しています。やはり、痛みの緩和にはレーザーがあるとないとでは大きく違います。また、外科的な処置や根管治療をおこなった際など、レーザーを用いることで明らかに治りが早くなっていきます。
歯の痛みって、身体のどの部分と比べてもひどいものですよね。脳から1番近いところにあることも関係していると思いますが、私自身、過去に痛い思いをしました。その経験も踏まえ、出来る限り痛みを少なく、また早くに治してさしあげたいと思っています。状況もありますし、治るスピードには個人差もあることですから、確約は出来ないんですけども、その努力はおこたらないようにしていきたいですね。

これから受診される患者さんへ

身体は、お口からガソリン(食べ物)を入れて動くものです。そして、最近明らかになっていることとして、噛めなければ認知症の要因にもなり、咬み合わせのバランスが崩れていることで、肩こり等の原因になることが知られてきています。逆に、体調の悪さが最も出やすいのが、お口です。口内炎などはその顕著な例ですけども、抵抗力が弱くなってくるとまず1番に症状が表れてきやすいんですね。
お口の健康はもちろん、全身の健康をつかさどるものとして歯を大事にしていただきたいと思いますし、そのためにも、定期的にチェックアップにいらしていただけたらと思います。

※上記記事は2017年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

和田 慶子 院長 MEMO

  • 趣味・特技:ヨット
  • 好きな本:「生きていくあなたへ」日野原重明
  • 好きな映画:恋愛もの
  • 座右の銘:「至誠にして動かざる者は、未だ之れ有らざるなり」
  • 好きな音楽:クラシック、ジャズ
  • 好きな場所:海
  • 好きな観光地:欧州

グラフで見る『和田 慶子 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート