港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(港区)―

富永 正志 院長/富永歯科医院(麻布十番駅・歯科)の院長紹介ページ

富永 正志 院長

MASASHI TOMINAGA

歯科医療の現場に東洋医学を導入。治療は歯から全体へと拡大する。

大学卒業後、松戸に最初の医院を開院。麻布十番駅から近いこの地に移転。移転を機に自由診療を開始する。

富永 正志 院長

富永 正志 院長

富永歯科医院

港区/麻布十番/麻布十番駅

  • ●歯科

移転したからこそ生まれた勉強時間。

富永 正志 院長

おじさんが医師だったものですから、そのおじさんから「医者になりなさい」と薦められ、医学部と歯学部を受験したのです。そこへもってきて、私の兄が先に医学部へと進んでいたという事情があったものですから、「だったら弟は歯学部に進みなさい」と父に言われ、この道を選びました。
私は1979年に松戸に最初の医院を開き、1992年になって、東京メトロの南北線と、都営地下鉄の大江戸線どちらの麻布十番駅からも近いこの地に移転をし、一般歯科の富永歯科医院を開院した経緯があります。色々な考え方があるにせよ、保険に合わせた治療をおこなっていることが日本の歯科医療の問題点の1つであることは間違いのないことでしょう。治すために選択されるべき治療方法が、保険に認められてないとなると、どうしても出来なくなってしまう。そうではなくて、病気に合わせて治療をおこなうというのが私の原点であり、この地に移転したことを機に、自由診療を手掛けていこうと考えたのです。
しかし、始まりは本当に苦労しました。なにしろまったく新しい土地でもあり、とにかく患者さんがいらっしゃらない。ほとほと困っていたところ、ある方から、「患者さんがお前に勉強をする時間を与えてくれていると思いなさい」と声を掛けていただきました。私も「それはそうだ。患者さんが時間を与えてくれたのだ」と思い、一生懸命勉強に励んだものです。その時間があったから今の治療があるのだと思いますね。

歯科治療の道路工事化をストップ!

富永 正志 院長

歯に関して、「人生の道草をしている人が多い」とは、要するに、あちらこちらの歯医者さんにいったけども、良くはならないということに尽きます。一般によく見られるものとして、同じ歯に何度も治療を繰り返すことがあります。掘っては埋めて、掘っては埋めて、の繰り返し。なんだか道路工事を連想させるではありませんか。しかし、1度しっかりと治療をしさえすれば本来、歯というものはそうそう悪くなるものではありません。その証左というわけではありませんが、当院の患者さんは、ここ数年、検診だけにいらしてる方が多くなってきています。それこそ、20年、30年という付き合いのある患者さんも多いですね。

お口の健康が身体のバランスをも左右する。

富永 正志 院長

「お腹が痛い」「頭が痛い」となってお医者さんのところに行けば、色々と問診をされたり、検査がおこなわれます。実際の治療は、それらを踏まえた上での診断がなされてからのことになる。これは本来、歯科でも同様におこなわれるべきことなのです。
当院では、まずどういう症状があるか、これまでどのような治療がおこなわれてきたかを詳しくうかがい、その後、お口はもちろん、首のレントゲンを撮影していきます。歯のかみ合わせの“ずれ”というものは、いずれ首に伝播していきます。首がおかしいとなれば、脊柱にも問題が生じることになりますから、歯以外の症状を訴える方もまた多いということになってきます。肩こりや首痛といった不定愁訴と呼ばれるものについては、大半の要因をここに求めることが出来るのです。実際の治療の段階に入ると、当院では、かみ合わせの調整をおこなうのと並行して、操体法(整体術)を駆使して、首の治療もおこなっていきます。
お口と首のレントゲンを撮ったあとには、身体のバランスがどうなっているかということを測定していきます。東洋医学でいう「気の流れ」をAMIという測定器によって把握していくのです。これら検査の結果を分析し、総合的な判定を下したのちに、初めて具体的な治療の設計図が出来てきます。
患者さんにはその設計図をご覧いただき、納得したのちに治療に入っていく。初診がいかに大事なのかということであり、当院では1人の患者さんに詳細な説明を含めて2、3時間を割くこととしています。

歯科医師であったからこそ見えてきたもの。

私は初め、歯科を専門とする医者になろうと考えていました。ところが、入ってみてわかったことですが、歯科医師は、医師ではないのです。お口は診れても、全身を診ることは出来ない。そのことに気づき、大学時代はずいぶんと悩んだものでした。
それは父も同様だったようです。私はそのことをきっかけとして家から自然と離れていったものですから、父は「歯学部に行かせて良かったものかどうか…」と、最期まで悩んでいたということを兄から聞きました。
しかし、自分の好んだ道を最初から突き進める者がそれほどいるわけではありません。むしろ、一生懸命やるうちに、本当の面白さというものが見えてくるようになる。私の場合、歯科医師であったからこそ、様々なものに目を向けてこられたと思っています。首や背骨の仕組み、果ては、気の流れにまで興味を持つことは、歯科医師であったからこそだと思うのです。
今となっては取り返しのつかないことではありますが、父には「充分だ。ありがとう」という言葉を掛けてあげたいですね。

これから受診される患者さんへ。

「なかなか良い先生に巡り会えない」という方が少なからずいらっしゃいます。ただ、そこで希望を捨てることはしてほしくないのです。常に前向きに考え、自分自身の人間性を向上させていけば、いつか必ず良い先生と出会うことが出来ます。他でもない、健康はあなた自身の問題です。だからこそ、求めることをあきらめず、前向きに考えていくことを頭に入れておいていただきたいですね。

※上記記事は2015.1に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

富永 正志 院長 MEMO

  • 出身地:北海道
  • 趣味・特技:剣道、運命鑑定士
  • 好きな本:東洋医学、易の本
  • 好きな映画:ブラック・レイン、天地明察
  • 好きな言葉:努力
  • 好きな音楽:演歌
  • 好きな場所:大学の図書館

グラフで見る『富永 正志 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

富永歯科医院

港区/麻布十番/麻布十番駅

  • ●歯科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
口コミ
街の人の
口コミ
患者の
口コミ
PR WEB
予約
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート