港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(港区)―

若林 健史 理事/オーラルケアクリニック青山(表参道駅・歯科)の院長紹介ページ

若林 健史 理事

KENJI WAKABAYASHI

お口の健康を、全身の健康につなげる
それが「未来型歯科クリニック」の考え方

日本大学松戸歯学部卒業後、歯周病治療を中心にした予防歯科を30年以上にわたって実践。その後、表参道駅から徒歩4分の場所に開業。

若林 健史 理事

若林 健史 理事

オーラルケアクリニック青山

港区/南青山/表参道駅

  • ●歯科

歯を削らない・メインテナンス専門の歯科医院の実現を目指す

若林 健史 理事

私は、日本大学松戸歯学部に学んで歯科医師になり、歯周病治療を中心にした予防歯科を30年以上にわたって実践してきました。また一方で、1984年に自分の歯科医院を構えて以来ずっと、歯を削らない・メインテナンス専門の歯科医院を実現することができたら、どんなに素晴らしいだろうと考えていました。そして最近になって、ゴルフ仲間との何気ない会話の中から、2人のスペシャリストが私と同じ志をお持ちだということを知ったのです。その1人は、私の同級生であり、歯周病学会などの活動でもご一緒している、歯科医師の有田博一氏。そしてもう1人は、噛み合わせのスペシャリストであり歯科技工士の齋藤哲也氏です。従来の歯科治療ではなく、お口全体のケアをメインにしたクリニックの立ち上げを模索していたお2人にお誘いいただく形で、このプロジェクトが本格的にスタートしました。ただ、真の予防歯科を実践するためには、歯周病治療、噛み合わせの調整に加えて、治療後のメインテナンスが欠かせません。そこで、メインテナンス部門をお任せするにふさわしい歯科衛生士の鍵和田優佳里氏を迎え、2016年4月に『オーラルケアクリニック青山』を開設しました。

削って埋める、局所的な治療からの脱却

若林 健史 理事

当院は、東京メトロ・表参道駅のA4出口から歩いて5分ほどの場所にあり、「未来型歯科クリニック」をコンセプトに診療を行っています。未来型歯科とは、口腔環境を良好な状態に整えて、全身の健康へとつなげるもの。まずは、歯周病の治療や噛み合わせを調整することで、お口全体を健康に。その後は、定期的なメインテナンスによって、ベストな状態をキープしていきましょう、という考え方です。これまで日本の歯科医療においては、虫歯になった部分を削って埋める、局所的な治療が中心でした。そのため、歯科医院は歯が痛くなってから駆け込む場所、痛いことをされる恐ろしい場所だと考えている方がいらっしゃるかも知れません。従来のような歯科治療を過去型とするならば、未来型は痛みを感じることなく、健康と若々しさを手に入れることができる歯科医療。各分野のスペシャリストが集結し、チーム一丸となって皆様の健康をサポートいたします。

口腔から全身の健康を実現する、未来型の歯科医療

若林 健史 理事

当院では、これまで私たちが実践してきた予防歯科をさらに発展させ、口腔から全身の健康を実現する、未来型の歯科医療をご提供しています。治療をスタートさせる前に大切になるのは、患者さんの口腔環境を詳細に把握すること。さまざまな検査データを総合的に診査・診断し、必要な治療プランについて時間をかけて丁寧にご説明いたします。目安としては、検査に1時間、ご説明に1時間半といったところでしょうか。カウンセリングルームに備えた2台のモニターで、1本1本の歯、噛み合わせなどをご一緒に確認しながら、治療に必要な通院回数や費用面を含めて、ゆっくりとお話させていただきます。もちろん、その方にとってベストなプランをご提案するわけですが、どんな治療法を選択するのか、その判断は患者さんご自身にお任せします。当院は、サロン感覚でご利用いただけるように価格設定を抑え、ご希望によって保険診療にも対応いたしますのでご安心ください。

50歳までのケアが、その後の健康寿命とQOLを左右する

日本は長寿命国と言われますが、生涯を全うするまでの「寿命」と人の手を借りずに自分らしく生活できる「健康寿命」の間には、大きな開きがあることをご存知でしょうか?男性と女性では若干異なるものの、その差はおおよそ10歳ほど。歯科医療を通してこの差をいかに縮めていくか、それが私たちに課せられたテーマだと思っています。最近ではメディアを通して、歯周病が糖尿病など全身疾患の原因になることや、しっかり噛んで食事をすることが認知症予防につながることなどが広く知られるようになりました。ただし、「健康寿命を延ばすために」というアプローチでは、若い世代の方にはピンと来ないかも知れません。でも、「噛み合わせの悪さがフェイスラインのたるみにつながる」可能性があるとお話したらどうでしょう?噛み合わせをはじめとしたご自分の口腔環境について、少しでも関心を持っていただけるのではないでしょうか。生涯を通してご自分の歯で、美味しく食事を召し上がっていただくためには、50歳までのケアが大切です。若い世代の方では、歯のクリーニングやホワイトニングからスタートしても良いでしょう。このクリニックがきっかけになって、皆様がご自分の健康に目を向けてくださったら嬉しいですね。

これから受診される患者さんへ

しっかり噛んで食事を召し上がり、適度な運動をして。何らかの「生きがい」があってこそ、長い人生を楽しく過ごすことができるのではないでしょうか。その「生きがい」は、美味しいものを食べることであったり、旅行に出かけることかも知れません。でも、歯が悪いために楽しい時間が制限されるようでは、「生きがい」が失われて行くばかりです。生涯を通して、自分らしく元気に過ごすために。ぜひ、お口の健康の大切さに気づいていただきたいと思います。

※上記記事は2016.4に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

若林 健史 理事 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ゴルフ
  • 愛読書:歯科関連書籍
  • 好きな映画:SF系(ターミネーター、マトリックス)、ビッグ・ウェンズデー
  • 座右の銘:二者相合之偶伝
  • 好きな音楽・アーティスト:ライトミュージック(ボブ・スキャックス、クリストファー・クロス)
  • 好きな場所:海が見える風景

グラフで見る『若林 健史 理事』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート