港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(港区)―

川南 聡 院長/川南歯科クリニック(新橋駅・歯科)の院長紹介ページ

川南 聡 院長

SATOSHI KAWAMINAMI

患者さんのお口のホームドクターになる。これまでも、そしてこれからも。

神奈川歯科大学卒業。平田歯科医院勤務を経て、2003年に『川南歯科クリニック』を開院(各線「新橋駅」より徒歩6分、東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」より徒歩5分、都営地下鉄三田線「内幸町駅」より徒歩4分)。

川南 聡 院長

川南 聡 院長

川南歯科クリニック

港区/西新橋/新橋駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

一生の仕事として、歯科医師の職をまっとうしていきたい

川南 聡 院長

私は歯学部に入る前、オートバイにテントと寝袋を積んで、約一年かけて日本一周をしたことがあります。今で言う、“自分探し”ではないですが、その後数年間、建築の仕事に携わっていたこともあります。
私の父は歯科医師でした。周囲からは期待がありましたし、私自身も「そうなるのかな…」と思っていたのですが、高校を卒業する段階では、踏ん切りがつかなかったのです。それがさまざまな世界を目にしたことで、ようやく職業として「やってみたい」と考えるようになっていきました。
私には興味のあることを突き詰めていく傾向があるのかもしれません。学生時代、タイにボランティアに赴いたこともそうでした。ハンセン病をご存知でしょうか。昔は日本でもハンセン病患者は隔離されていたのですが、タイでも隔離によって歯科医療を受けられない子ども達がたくさんいました。私は「梅本記念救ライ歯科奉仕団」の一員として、何度か現地で歯科治療を行いました。本当に、やりたいことをやりきる、という面があったのかもしれませんね。
その時の経験が今に役立っているかどうかは、自分ではなんとも言えません。いろいろな職業を見てきたことが多少はプラスになっているかもしれませんが、その分、ロスとなった面もあったでしょう。ただ、興味のあることをやりきった分、後悔はないと言いますか、歯科医師を一生の仕事としていこうと、今思っていることは確かです。

お口のホームドクターを目指して

川南 聡 院長

当クリニックの歯科医師は、院長である私1人のみです。これは、常に全ての患者さんの状態を把握しておきたいという思いからです。
口腔内の状態を把握するためのものとして、口腔内カメラがあります。こちらでは、治療前はもちろん、治療中、治療後と写真を撮り、患者さんにご覧いただいています。手鏡で見せられたのでは、よくわからないというのが正直なところではないでしょうか。どのような状態にあり、どんな治療をしたのか。患者さんに納得していただくためにも、治療のビフォーアフターを見ていただくことが必要だと思います。
また、記録を残していくことも重要です。その部分に対して、どのような治療をしたのか。患者さんとのやり取りも含め、画像、カルテに残していくことは、患者さんにとって、そして歯科医にとっても大きなメリットになります。そのすべてを把握しておくことが、お口のホームドクターの条件と私は思います。

より正確な診断をするための歯科用CT

川南 聡 院長

状態を把握するためのツールとして口腔内カメラの他に有用なのが、CTです。CTは、通常の二次元レントゲンではわからないものを把握することができます。たとえば、骨の硬さ。インプラント治療では骨の硬さが非常に重要なのですが、これはCTでなければわかりません。さらに歯周病や根の先の病巣などの正確な診断のためにも、CTは有用です。根の治療でよくあることとして、時間は掛けたけれども一向に良くならないということがあります。せっかく治療をしたのに良くならないのでは、患者さんの貴重な時間を無駄にすることになってしまいますよね。その病巣を事前に把握できることで、よりスピーディーな治療が可能になり、また、その治療に意味があるかどうかの判断もできることになるのです。

技術を更新するとともに、信頼関係を築いていくことが大切

診断のあとには、実際の治療ということになるわけですが、様々な患者さんが望むお口の状態を作るには、複数のオプション(治療法)を持っていることが必要になります。その為には、常に勉強をおこたらないことが大切になります。
私はJIADS(The Japan Institute for Advanced Dental Studies)というスタディグループに参加しています。ここで歯周病やインプラントの講習会に参加しました。その後は月二回の勉強会では、さまざまな先生方のお話を聞き、また自ら手掛けた症例を持ち込んでアドバイスをいただくなどして、知識と技術の研鑽に努めています。歯科医師の免許を取っただけでは、多様化する患者さんのニーズに対応できません。どの職業でも共通することかと思いますが、絶えず努力を続け、患者さんに対してできることを増やしていくことは、大変重要なことだと思っています。
むろん、人と人のことですので、技術だけでは充分ではありません。歯科治療では、私と患者さん、双方の信頼関係が大切になります。こちらが誠心誠意力を尽くしていくのはもちろんですが、患者さんにもご自分のお口の中の状態をご理解いただく必要があると思います。また、予約時間を守っていただくこともそうです。お互いの信頼関係があってこそ、はじめて良い結果を得ることが可能になると思っています。

これから受診される患者さんへ

当院は、成人の8割が罹っていると言われる、歯周病をきちんと治療し、虫歯の治療だけでなく、根の治療、矯正、義歯やインプラントなど、お口全体が、長期間良好な状態を維持するための治療を行っております。又、治療完了後にそれを維持する為に必須のメインテナンスにも力を入れております。

※上記記事は2017年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

川南 聡 院長 MEMO

  • 出身地:鹿児島生まれ、神奈川育ち
  • 趣味:ウクレレ、釣り、旅行
  • 好きな映画:愛しのローズマリー
  • 好きな言葉:you can get if you really want
  • 好きな音楽:ロック、ブルース、ハワイアン
  • 好きな場所:海

グラフで見る『川南 聡 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート