港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(港区)―

笹子 滋一 院長/ササコ歯科クリニック(赤坂見附駅・歯科)の院長紹介ページ

笹子 滋一 院長

SHIGEKAZU SASAKO

最新のデジタル医療機具と、情報通信技術を活用。全ては患者さんの健康のために。

日本大学歯学部卒。歯科医としての実力をつけるため、複数の歯科医院で臨床を経験。その後、赤坂駅近くに開業。

笹子 滋一 院長

笹子 滋一 院長

ササコ歯科クリニック

港区/赤坂/赤坂見附駅

  • ●歯科

子供ながらに感銘を受けた、祖父の優しく、丁寧な治療。

笹子 滋一 院長

祖父,父と2代に渡る、歯科医師の息子として育ったこともあり、幼いころから歯科医師というものを肌で感じていたのでしょうか。
自分は大きくなったら歯科医師の道を進まなくてはならないと、漠然と感じていたようです。
しかし祖父は日本大学歯学部・保存学の教授であり、父は赤坂で開業医、父方、母方も開業医であり、それぞれの立場や、治療の仕方も違っておりますが、違った立場から影響を受けたと思っています。

強いて医師を志した動機を挙げるならば、幼い頃、祖父の優しく、丁寧な治療を受けたことでしょうか。当時は、器具の性能など、今と比べて数段劣っているにも関わらず、麻酔の注射の打ち方が上手で、全然痛くありませんでした。

子供心にすごいなーと感じていました。そんな祖父が中学一年の時亡くなり、そのお葬式の時、大学関係者から、祖父は、わたしが医師になることを楽しみにしていることを聞き、祖父の想いをかなえるべき、歯医者さんを志すようになりました。

患者さんの健康第一に、患者さんと一体となって治療に向かう。

笹子 滋一 院長

東京メトロ千代田線の赤坂駅と銀座線・丸ノ内線の赤坂見附駅から徒歩3分と賑やかな場所にありながらも、一般歯科・審美歯科など幅広い治療を行うササコ歯科クリニックでは、皆様へ「高機能医療」と「和み」が両立した診療空間を提供できるよう、この2つのコンセプトで、「真の病院らしさと」と「皆さんがちょっと寄りたくなるような」歯科医院を目指していきたいと思っております。
そのため、院内スペースも、「和みの空間」をコンセプトに、「和」の雰囲気が漂う暖かい空間を目指しています。また「医療の空間」も大切にし、医療倫理の領域は越えずに、居心地良い院内となっています。
こうしたコンセプトの上に立って、「歯の色が気になる」「歯のクリーニングがしたい」「入れ歯が合わない」「歯茎が腫れた」「笑った時の銀歯が気になる」など歯の健康に関する疑問、不安、治療内容に関する相談なども受け付けています。

要は、患者さんの立場に立って、健康を第一に考え、配慮して行くと言うことです。例えばデジタルレントゲンを導入したのも、被ばく量を大幅な軽減するためです。
また口の中を治療するため、口腔内カメラで直接患者さんに診てもらい、納得してもらうよう心掛けるなど、患者さんと一体となって治療にあたることが重要だと考えています。

院内の全てのものが、患者さんの健康のために整えられている。

笹子 滋一 院長

一般歯科、歯周病・クリーニング、審美歯科、入れ歯、予防歯科、など多岐にわたって展開しています。

これは、当医院の方向でもあります、多くの患者さんのニーズに応えるため、各種のプランを取りそろえていると言うことです。

金属粉やプラスチックの粉を、吸い込まないように配慮した「バキューム」,口腔内カメラで撮影をし、歯や歯茎の状態を見てもらい、それにより分かり易く説明ができる「口腔内カメラ」、これまでの1/4~1/10の放射線量で撮影できる、体にやさしい「デジタルレントゲン」、表面麻酔を使用し、麻酔の痛みをなくす「麻酔」,スリッパを赤外線で殺菌する「スリッパディスペンサー」など患者さんの健康第一に考え、隅々まで配慮しています。

金属バネのない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」が新たな快適を生む。

ササコ歯科クリニックでは、他医院と差別化を計るため、患者さんの立場に立った治療を心がけています。

それは金属バネのない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」です。金属バネを使用していないため、境目が目立たず、見た目も良く、弾力性に富んでいると言う大きなメリットがあります。
また、歯茎にジャストフィットし、全く違和感がなく、患者さんの高評価を得ています。これまでの入れ歯と比較して、重さにおいては軽く、暑さにおいてもスーパーポリアミド製なので、薄いと言う特徴を持っています。
そして何よりも患者さんから喜ばれているのが、アレルギーを引き起こす主原因の金属バネを使用していない為、アレルギーがでないと言うことです。
これがこれまでの入れ歯と大きく違うと言うことです。バルプラストの治療をすることにより、内面的な充実感、表面的な美しさで、快適なライフスタイルを演出できるでしょう。

これから受診される患者さんへ。

ご指摘のように、これまでの専門家同士の情報交換の時代は終わり、これからは、いかに患者さんと医師の信頼関係を確立して行くか、最重要課題となりましょう。
そのためにも医師のコミュ二ケーション能力が問われることになります。

当医院としては、対話する相手が、医師であっても、衛生士であっても、常に皆様にとっての”かかりつけの医”になれるよう、心がけています。
そのため最新のデジタル医療機具と、情報通信技術を活用して、少しでも皆さんの通院や治療に関する、煩わしさを軽減したいと思っております。
そうした意味でも、通院してこられない患者さんの為にも、歯科医院ではまだ数少ない”在宅治療”を実施して行く検討を始めています。

現在実施しております、インターネット端末からの初診予約や、ササコ歯科クリニックウェブサイトを是非ご活用ください。

※上記記事は2014.10に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

笹子 滋一 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:海外ドラマを見る事
  • 好きな本:歴史雑誌
  • 好きな映画:海外ミステリー
  • 好きな言葉:創造する事
  • 好きな音楽:70~80年代のJ・POP
  • 好きな場所:家庭

グラフで見る『笹子 滋一 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート