港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(港区)―

西之原 美樹 院長/アイリスター麻布クリニック(麻布十番駅・眼科)の院長紹介ページ

西之原 美樹 院長

MIKI NISHINOHARA

通いやすさ重視のクリニックで、手術なし、寝ている間に視力回復・矯正を。

大学卒業後、救命救急棟に勤務。その経験の中で眼科や美容外科(皮膚科)への研鑽を重ねる。その後、麻布十番駅すぐそばの場所に開業。

西之原 美樹 院長

西之原 美樹 院長

アイリスター麻布クリニック

港区/麻布十番/麻布十番駅

  • ●眼科
  • ●内科

阪神大震災が目覚めさせた医師としての自覚。

西之原 美樹 院長

医者を目指されてる方には大変失礼なんですけども、何が何でも医者になりたい、という気持ちはなかったのです。むしろ、油絵を描いておりましたので、美大に進みたいと考えていました。ところが私の家は、両親はもちろん、祖父も叔父も従兄弟も皆が医者という家系でした。言ってみれば、医者を目指さざるを得ない状況だったんですね。実際、こっそりと受けようとした美大の受験票は、見つかって捨てられてしまいましたし(苦笑)。
大学を出る頃になっても、いまだ釈然としない気持ちをいだいておりました。「このままで良いのか…」という気持ちですね。そんな中、あの阪神大震災が起こりました。あんな状況を目の当たりにして……今の自分が何かお手伝い出来ることがあるとすれば、それは医師の資格を取り、人の命を助けることじゃないだろうか。医者たろうとする者の資格を、そこで初めて得た、という風に思うのです。
大学を卒業後、救命救急棟に勤務致しました。そこでは手術の際、様々な科の先生方とお会いすることになります。その先生方からお手伝いを頼まれることも少なくなく、私の場合、それが美容外科と眼科に集中するような状況でした。当時は先を見通して取り組んでいたわけではありませんが、そのような縁があり、眼科や美容外科(皮膚科)に関して興味を持ち、勉強を重ねる日々を送るようになっていったのです。
オルソケラトロジー(角膜矯正治療法)専門のクリニックの立ち上げを聞いたのは、そんな矢先のこと。当初はドクターを探されているとうかがい、私もそれをサポートしていたのですが、なかなか都合がつかず、ある日、クリニックの側から「あなたにお願い出来ないか」という成り行きになっていきました。ずいぶん悩んだものですが、眼科の診療は一通り診るようになっていましたし、また、この治療そのものにも非常に良いものという感触を得ていましたので、改めてトレーニングを積み、院長としてクリニックに携わるようになったのです。

患者さんの通いやすさを重視したクリニック。

西之原 美樹 院長

眼科 ・内科のアイリスター麻布クリニックはオルソケラトロジー(角膜矯正治療法)を中心に診察をおこなっており、患者さんが来院しやすいようにと、地下鉄南北線・大江戸線の麻布十番駅からもとても近く、土日診療もおこなっています。この土日診療が、「風邪だから診てもらえませんか」という患者さんのニーズを生んだことで、現在は内科・皮膚科の診療もおこなっている状況です。美容外科や救命救急に携わっていた経験が、今にして役立っていると言えるかもしれません。
クリニックではその他に、交流磁気治療もおこなっています。これは、磁気ベッドでお休みいただくことで、血流をうながし、身体の疲れをとりのぞくものです。私も時折利用するのですが、気分もすごく良くなりますし、ここ数年は風邪を引くこともありません。まあこれは、もともと楽天的な性格が関係してるのかもしれませんけども(笑)。

切らない角膜矯正治療法、オルソケラトロジー。

西之原 美樹 院長

角膜矯正治療法とは、特殊なコンタクトレンズを毎晩、就寝前に着用していただくことで、角膜の形状を矯正して視力を回復させる治療法です。角膜を切らずに回復が望めること、10代の方でも可能ということで、近視に悩んでいる多くの方々に支持されてきています。
治療では、レンズのデザインが決め手となります。実際にこちらでテストレンズを1時間装用していただき、その変化をデータに取り、今後の予測を計算してオーダーメイドでレンズを作っていくという工程になります。
大きなメリットとしては、その方の求めるニーズに応じて視力の出し方を変えていける点にあります。たとえば、野球選手はボールが小さいものですから、出来る限り最高に視力を出せるように調整をしていきます。また、10代から可能と申しましたが、30代から始められた方が40代になり老眼が始まったということになれば、レンズを調整し、視力をおさえるといったことも可能なのです。
毎日つける、という大変さはありますけども、自分の欲しい視力に切り替えていけるというメリットは非常に大きいと考えています。

目の疲れが気になりだしたら、ドライアイ外来へ。

目の乾燥や眼精疲労で来られた方には、目薬の点眼の仕方等、事細かに話をさせていただきます。一例を挙げますと、パソコンの位置、というのもそうですね。パソコンが高い位置にありますと、どうしても目を大きく開けてしまうものですから、結果としてまばたきが少なくなり、乾燥しやすい傾向があるのです。
この“まばたき”ですが、涙はまばたきをすることによって分泌されます。角膜に酸素や栄養分を与える役割を担っているのはその涙であり、パソコンを使い続け、目を酷使することによって、徐々に細胞は弱くなり、視力の低下を招くということになるのです。

これから受診される患者さんへ。

目の疲れや一時的な視力低下を放っておくことは、そのまま視力の低下につながっていきます。目に限ったことではありませんが、ご自身の身体の状態をよく知っていただくことが大切です。点眼等で改善可能なケースもありますので、メンテナンスについてよくご相談いただき、自分に優しいケアを心掛けていただきたいですね。

※上記記事は2014.12に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

西之原 美樹 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:料理、編み物、国内A級ライセンス(自動車)
  • 好きな本:ノンフィクション系、『ロウソクの科学』
  • 好きな映画:天井桟敷の人々、Rebecca
  • 好きな言葉:CARPE DIEM(今日を精一杯生きる)
  • 好きな音楽:オールジャンル
  • 好きな観光地:ハワイ

グラフで見る『西之原 美樹 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート