港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(港区)―

三浦 大周 院長/赤坂三浦クリニック(溜池山王駅・外科)の院長紹介ページ

三浦 大周 院長

DAISHU MIURA

乳腺専門医・甲状腺外科専門医としての経験と実績をもとに適切な診断・治療を提供。

日本医科大学を卒業後、『虎の門病院』乳腺・内分泌外科に勤務。2016年、『赤坂三浦クリニック』を東京メトロ銀座線/南北線「溜池山王駅」より徒歩1分の地に開院。

三浦 大周 院長

三浦 大周 院長

赤坂三浦クリニック

港区/赤坂/溜池山王駅

  • ●外科

虎の門病院との緊密な連携が1つの特徴

三浦 大周 院長

手先には自信がありましたし、治療(手術)の結果がすぐにあらわれるということで、まず、外科を選びました。そこから先は、人とのつながりでしょうね。もちろん、乳腺や内分泌に対する学問的な興味もありましたが、教授や先輩との出会いがあり、今の道にたどりつくことができたのです。
『赤坂三浦クリニック』は2016年に開院をむかえました。開業するにあたっては、虎の門病院の近く、ということが必須の条件でした。私は25年に渡り、乳腺・内分泌を専門とする外科医として、これまでに3000人以上の方の手術を担当してきました。別の場所で開業したら、その方達の受け皿はどうなってしまうのか、ということが念頭にあったのです。また、医療連携の必要性を考えても、勤務していた病院が近くにあることはプラスに働くと考えています。

乳腺・内分泌の専門家として、適切な医療を提供し続ける

三浦 大周 院長

私が開業にいたった1つの理由に、待ち時間の長さがありました。虎の門病院は乳腺・内分泌の分野で日本でも有数の病院であり、ある意味仕方のないことではあるのですが、特に私の外来はそれが顕著でした。遅い時は朝の8時半から23時くらいまで診療をしていたこともありましたね。クリニックを構えることで、もう少し余裕のある状態で患者さんと向き合っていきたいと考えたのです。開院から日が浅く、感想はこれからというところですが、とっても喜んでいただいてるのではないでしょうか。開院にあたっては、明るめのグレーを基調とし、患者さんに少しでもリラックしていただけるようにと木目を取り入れたデザインとしました。また、上部がスケルトン構造になっているのは、開放感を感じてもらいたいと考えてのこと。この仕様はクリニックでは珍しいかと思いますが、1級建築士である弟と相談の上で決めました。彼は「クリニックとはこういうもの」という概念がありませんでしたから、どちらかといえば、ホテルのラウンジを思わせるような落ち着いたデザインになっているかと思います。
私はこれまで、虎の門病院で25年間に渡り、乳がん、甲状腺、副甲状腺を主とした内分泌疾患の診療と研究に従事してきました。その経験を生かし、あれもこれも診るのではなく、専門の部分をきちんと診て、治療が必要な人に適切な治療を提供していくことを考えています。実は、内分泌外科の専門医を持っているドクターは都内でも少なく、まして、乳腺と内分泌の両方の資格を所持しているのは、今では稀な存在と言えるかもしれません。「専門医に診てもらいたい」とお考えの少なくない方々に対し、責任を持って適切な医療を提供していきたいと考えています。

スタッフの力を結集し、精度の高い乳がん検診を実施

三浦 大周 院長

乳がん検診にはマンモグラフィー検査とエコー検査がありますが、どちらにも一長一短があります。マンモグラフィーでしか見えない微細な石灰化病変もあれば、その逆に、エコーだからこそ発見できる乳がんもあるわけです。2つの検査をおこなえることで、精度の高い検査がお約束できると思っています。
乳がん検診は、日々発展していくテクノロジーの力と、それを診る人の目、そして、機器を扱う放射線技師の腕にかかってきます。その意味では、私もそれを構成する1つのピースに過ぎないわけです。自分1人の存在でできることはそう多くはありません。場所は病院からクリニックへと変わりましたが、みなの力を合わせ、確度の高い検査を実施していきたいと考えています。

骨粗しょう症と乳腺・内分泌には深い関連性がある

骨粗しょう症と、私がこれまで専門としてきた分野は、クロスオーバーする部分が多いのです。たとえば、乳がんの手術を終えたあとは、女性ホルモンを意図的に抑える治療をおこないますが、その副作用として骨粗しょう症になりやすくなります。
それから私のもう1つの専門である内分泌の病気に、原発性副甲状腺機能亢進症があります。実は、この病気のメインの症状が骨粗しょう症で、手術をおこなうことにより、その症状が改善されるケースも多いのです。この原発性副甲状腺機能亢進症の手術を400例以上経験した医師は、都内でも限られてくると思われます。私はそれらの経験を通して、以前からずっと骨粗しょう症に向き合ってきました。
当クリニックにおいても、経験を踏まえた適切な治療をおこない、必要と判断した場合には、より専門的な治療を受けていただけるようにと思っているところです。

これから受診される患者さんへ

開院から1ヶ月と少し経ちますが、患者さんの8割は過去に私が手術を担当した方々です。何年もの付き合いを経てきた方も当然いらっしゃいますし、中にはお母さんの手術をし、その娘さんの乳がんの手術をまた担当させていただいた、というケースもあります。場所や立場はいくぶん変わりましたけれど、人と人とのつながりを大事にして、今後も診ていければと思っています。
どうぞ皆さん、1年に1度、質の高い乳がん検診を是非受けてください。乳がんから命を守るには、これが最も肝要なことです。今元気だからこそ、その意識を持っていただきたいですね。

※上記記事は2016年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

三浦 大周 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:スポーツ全般、音楽鑑賞
  • 好きな本:オールジャンル
  • 座右の銘:「受けたご恩は石に刻み、 かけた情けは水に流せ」
  • 好きな音楽・アーティスト:ジャズ・小曽根真
  • 好きな場所・観光地:サンフランシスコ、京都

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート