港区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(港区)―

中村 正彦 院長/医療法人財団額田会 中村クリニック(六本木駅・内科)の院長紹介ページ

中村 正彦 院長

MASAHIKO NAKAMURA

六本木の身近な「かかりつけ医」として、地元の皆様の健康の維持増進に全力を傾注。

大学卒業後、総合臨床医、消化器外科医として、大学病院で18年間研鑽を積んだのち、六本木駅近くの当院四代目院長に就任。

中村 正彦 院長

中村 正彦 院長

医療法人財団額田会 中村クリニック

港区/六本木/六本木駅

  • ●内科
  • ●外科

父と同じ、困っている人・苦しんでいる人たちを助ける道を選択。

中村 正彦 院長

私の父も内科医をしていて、「赤ひげ先生」を地で行くかのような人でした。たとえば患者様からSOSの電話があれば、それが夜中であろうが休日であろうがすぐに飛んで行く、そんな患者様思いの実に人間味あふれるドクターでした。
父からは「医者になれ!」といった類のことを言われたことは一度もありません。事実、私には弟と妹がいるのですが、2人はまったく別の道に進みましたから(笑)。幼い頃から父の背中を見て育ち、医師という仕事の大変さは十分に理解していましたが、それでもなお私がこの道を志したのは、「父と同じように、困っている人・苦しんでいる人たちを助けてあげたい」という気持ちが強かったからだと思います。
大学卒業後はしばらく大学病院等に勤務していたのですが、父が亡くなったのを機に当院の院長に就任しました。それが平成21年のことになります。ゆくゆくは跡を継ぐつもりでいましたが、当時69歳という父の年齢を考えても、それはもう少し先のことだろうと思っていました。しかし食道がんが見つかってからわずか半年という早さで父は亡くなってしまい……。あまりに急だったこともあり、同じ診察室のなかで一緒に働くことができなかったことは心残りですが、そのぶん地域医療に全身全霊を傾けた父の想いをしっかりと受け継いでいきたいと思っています。

内科診療をメインに、簡単な外科的処置にも対応。

中村 正彦 院長

当院は、地域の皆様にとって身近な「かかりつけ医」として、どのようなご相談にも広く応じられるようなクリニックでありたいと思っています。今と違い、私が医学部の学生だった頃は、大学を卒業したあとはすぐに自分が希望する医局に入局して、その道一筋に進むのが一般的でした。しかし、その頃から幅広い症状に対応できる医師になりたいと思っていたので、当時新設されたばかりの「総合臨床医」という制度にチャレンジすることを決意。現在の研修医制度と同様に、2年間で内科はもとより外科、小児科、産婦人科、麻酔科、救急センターなどの各科をフルローテーションしました。その際に内科とはまた異なる外科の面白さを知り、大学病院時代には消化器外科医として数多くのオペなども執刀しました。そうした消化器外科医としての経験もありますので、内科のなかでも内視鏡検査や腹部超音波検査などは得意としていますし、また、内科のクリニックでありながら、たとえば切り傷を縫ったりイボを取ったりといった簡単な外科的処置も行うことができます。

曽祖父から4代にわたり、地域の健康を見守り続ける。

中村 正彦 院長

冒頭で「父も内科医をしていた」と述べましたが、実は父だけでなく祖父、さらには曽祖父も医師をしていまして、私で4代目になります。そのため患者様とのお付き合いも古く、なかには「祖父の代からずっと通い続けている」という方などもいらっしゃいます。私自身は小学生の頃までこちらに住んでいましたが、その後は離れていた時期も長かったものですから、ずっと通い続けてくださっている患者様の方が、私なんかよりもよほどこのクリニックについて詳しかったりするんですよ(笑)。
当院は六本木駅から徒歩2分、東京ミッドタウンからも程近いところにあります。そうした立地柄から、患者様は近隣でお勤めをされている方ばかりと思われるかもしれませんが、実はそうではありません。六本木周辺でも少し路地を入ると、意外とたくさんの方が住んでおられますので、幅広い年齢層の方にお越しいただいています。もしお年を召されて自力での通院が困難な場合には訪問診療(往診)も承っていますので、治療内容や費用等についてお聞きになりたいことがありましたら、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

病気の早期発見・早期治療のため、健康診断に注力。

当院に来院される患者様の症状は多岐にわたりますが、そのなかでも多いのは、風邪や腹痛といった誰もが日常的にかかる病気。最近では、予備軍も含めて生活習慣病の患者様なども増加傾向にあります。病気の治療で重要なのは早期発見・早期治療ですが、とりわけ生活習慣病に関しては自覚症状がありませんので、気づいたときには既に症状がだいぶ進行しているなんてことも……。そうならないように、病気の兆候を早期に発見するためには、定期的な健康診断の受診が大事になってきます。
当院では法律で定められている必須の検査項目はもとより、オプションという形でさまざまな検査項目にも幅広く対応していますので、患者様にはそれらを自由に組み合わせて受診していただければと思います。

これから受診される患者さんへ。

皆様が困っていること・悩んでいることに丁寧に耳を傾け、そのうえで解決のための道筋をつけて差し上げる――。開業医というのは言わば「コンシェルジュ」のようなものだと、私は考えています。当院で治療できるものについてはしっかりと治療いたしますし、それが難しい症状・病気の場合には、治療に適した専門病院などを適宜ご紹介させていただいています。もちろん、そのための病診連携や診診連携も日頃から十分に図っています。
敷居はどこまでも低く、そして門戸はどこまでも大きく広げたうえで皆様をお待ちしていますので、お体に関して困っていることや悩んでいることなどがありましたら、どのようなことでもお気軽にご相談にいらしてください。

※上記記事は2015年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

中村 正彦 院長 MEMO

外科専門医 /消化器外科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味:音楽鑑賞
  • 好きな本:情報誌
  • 好きな映画:アクション
  • 好きな言葉:一期一会
  • 好きな音楽:ロック
  • 好きな場所:海

グラフで見る『中村 正彦 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート